ソウル清渓川にビキニ女性が登場…法的措置めぐり賛否両論(1)

ソウル清渓川にビキニ女性が登場…法的措置めぐり賛否両論(1)

2011年07月26日17時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
清渓川。
  ソウル清渓川(チョンゲチョン)でビキニを着て日光浴を楽しんでもよいのか。 19日、清渓川広橋(クァンギョ)付近で外国人女性3人が袖なしの服とビキニの上を着て日光浴を楽しむ光景が見られた。これまでにはなかったことだ。

  ◇袖なしまではOK

  彼女たちが清渓川に足を浸し、階段にうつ伏せになって日光浴を楽しむ姿は、ヨーロッパの川辺を連想させる。 2人は短いホットパンツに袖なしの服を着て会話をし、もう一人はビキニの上を着て日光を浴びている。 清渓川施設管理チームは「ビキニを着て日光浴を楽しむ姿は今年初めて見た。極めて異例のケース」と話した。

  清渓川で露出はどこまで可能なのか。 イ・サンイル清渓川運営チーム長は「下衣に袖なし程度なら日光浴が可能だが、ビキニ姿は難しい」と述べた。 ソウル特別市清渓川利用に関する条例第1条がその根拠だ。 市民の健全な余暇善用と文化生活を妨げる行為は制裁できるという内容だ。 日光浴に特定したガイドラインはない。

  ソウル広場もこれに関する制裁規定はない。 市民が不快感を感じて申告すれば、軽犯罪処罰法に基づき10万ウォン(約7500円)以下の罰金を科すことができる。 ソウル市庁の関係者は「ビキニを着て日光浴をすれば警察の判断によって法的措置を取ることができる」と説明した。

  しかし軽犯罪処罰法を適用するにもあいまいな部分がある。 鍾路(チョンロ)警察署生活秩序係は「過剰露出の程度を誰が判断できるのか。 これと関連した法規定を適用するのには難しい点が多い」と述べた。

ソウル清渓川にビキニ女性が登場…法的措置めぐり賛否両論(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事