<新たな“少女時代”(3)>スヨン・ティファニー・ソヒョンはなぜグループを離れるのか

<新たな“少女時代”(3)>スヨン・ティファニー・ソヒョンはなぜグループを離れるのか

2017年10月10日11時04分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
SMエンターテインメントとの契約が終了したソヒョン、ティファニー、スヨン
  スヨン、ティファニー、ソヒョンがSMエンターテインメントを離れ、事実上、少女時代への合流は不透明となった。3人のメンバーがこの10年で最も重大な決定を下した以上、新たな挑戦を見せることが優先だ。

  関係者によると、ティファニー、スヨン、ソヒョンは女優として活動したいとの意向を表した。少女時代で活動した10年に続いて、個人として、女優としての地位を固めたい考えだ。グループの中では限界があるため、さらに幅広く挑戦していくために、SMを離れる決心をしたものと考えられる。

  現在、スヨンとソヒョンはそれぞれSBS(ソウル放送)の週末ドラマ『食卓を整える男』『恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~』で主役を熱演中だ。以前からドラマなどで活動してきたことから、今後は女優活動に注力していくと見られる。

  スヨンは2007年『止められない結婚』の脇役として初めて演技に挑戦した。2012年『第3病院』で主演を演じ、『恋愛操作団:シラノ』『私の人生の春の日』『38師機動隊』など、さまざまなジャンルの作品に登場した。

  ソヒョンは『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』『ルビールビーラブ』に続き『恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~』など、女優活動を着実に続けている。少女時代にボーカルだったソヒョンはミュージカル舞台も並行してきたので、より多くの経験を期待している。ミュージカル『太陽を抱く月』『風と共に去りぬ』『マンマ・ミーア!』などに出演し、歌と演技でその才能を発揮して多くのファンの心をつかんだ。

  ティファニーもまた、女優への転身を視野に入れている。米国で生まれ育ったティファニーは、以前からハリウッド進出を目標にしてきた。メンバーの中では歌手とバラエティ分野で頭角を表わしたティファニーが留学を決めた理由もまさにこのためだ。現地でそのための勉強をやり直し、ハリウッドの夢に向かって進んでいくという覚悟だ。スヨン、ソヒョン、ティファニーがSMと少女時代の垣根の外で見せる活躍に関心が集まっている。

  だが、彼女らが少女時代を完全に離れるわけではない。SMエンターテインメントは「少女時代の今後の活動方向についてはメンバーと話し合って慎重に決めたい」として今後の可能性についてオープンな立場だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事