韓国の国際競争力、3年連続で26位…台湾・マレーシアより低く

韓国の国際競争力、3年連続で26位…台湾・マレーシアより低く

2016年09月28日15時37分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界経済フォーラム(WEF)が毎年発表している国際競争力ランキング(The Global Competitiveness Report)で韓国が138カ国中26位を占めた。

  28日、WEF国際競争力ランキングによると、韓国の総合順位は26位で3年連続で足踏み状態だった。韓国は2007年に歴代最高の11位まで上昇したが2014年に最低順位である26位に落ちてから動きがないままだ。

  アジア圏ではシンガポール(2位)、日本(8位)、香港(9位)など高い順位に位置した。韓国は台湾(14位)、アラブ首長国連邦(16位)、カタール(18位)、イスラエル(24位)、マレーシア(25位)よりも低い水準にとどまっている。

  韓国企画財政部は「これまでの政策努力で労働と金融部門でのランクが多少上昇したが、依然として慢性的な脆弱性を見せている」とし「国際競争力の向上のためには労働など構造改革や産業改革を持続的に推進し、成果拡散のための速やかな立法措置が必要だ」とコメントした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事