【コラム】こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交=韓国(1)

【コラム】こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交=韓国(1)

2015年10月20日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先週末ホワイトハウスであった朴槿恵(パク・クネ)大統領とオバマ大統領の共同記者会見は、韓半島(朝鮮半島)問題に対する米国政府とメディアの見解を垣間見ることができる分かりやすい機会だった。51分間にわたる記者会見で、米国記者たちの質問は米国内の政治や対外懸案に集中した。お客さんを迎えておきながら「とんでもない」質問ばかり行う米国の記者たちが無礼で薄情に見えたかもしれないが、冷静に考えれば間違ってはいない。

  大統領に直接質問できる決して多くはない機会を最大限大切に活用するには、最も重要なことから尋ねるのが道理に合う。米国のマスコミが見るにつけ、北朝鮮の核や韓米同盟は米民主党大統領候補争いやシリア問題、イスラエル・パレスチナ紛争などに比べ優先順位が下がっていたり「つまらない」イシューだということを、私たちの目で確認したわけだ。

  並び立った一国の首脳の「体面」を考えて米国記者たちの質問を適当に打ち切って韓半島(朝鮮半島)問題に質問を誘導することもできるが、オバマはそのようにしなかった。どんな質問にも誠意を尽くして答えた。十分に見てきた場面なので事実今更どうだというわけでもない。メディアに対する米最高指導者の姿勢がうらやましいばかりだ。記者会見が終わるやいなや発言の全文と動画をそのままホワイトハウスのサイトに上げたのもうらやましいのは同じだ。その差は今すぐに青瓦台(チョンワデ、大統領府)サイトに入ってみれば分かる。

  今回の首脳会談の最大の成果として青瓦台は韓国の「中国傾斜」の可能性に対する米国内の憂慮を払拭させて堅固な韓米同盟を再確認したものと強調している。だが記者会見から出てきたオバマの発言で色あせていた。オバマは「韓米関係にはどんな亀裂もない」としながら「韓国が米国と良い関係を維持しながら中国とも良い関係を結ぶことの間に矛盾はない」と話した。「惜しいことに(?)」オバマはそこであえてもう一歩踏み込んだ。

  彼は「朴大統領に話したように」という言葉で首脳会談の時にすでに言及したことを暗示しながら「私が強調したいまさに一つのことは、中国が国際規範と規則を守らない時は韓国も私たちのようにそれについて声を出すことを望むという点」と話した。第2次世界大戦の終戦後に確立された国際規範と規則から韓国も恩恵を受けているのではないかとの説明もつけ加えた。要するに第2次世界大戦後に樹立された米国中心の国際秩序に中国が挑戦する場合、韓国も明らかな反対の声を出してほしいという要求だ。

【コラム】こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事