<サッカー>朴智星、引退の決心は変わらず

<サッカー>朴智星、引退の決心は変わらず

2014年05月12日10時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴智星(パク・チソン)
  朴智星(パク・チソン、33、PSVアイントホーフェン)がグラウンドを離れる。朴智星の情報に詳しい関係者は11日、「朴智星が去就に関する記者会見を14日に開く計画」と明らかにした。場所は京畿道水原の朴智星サッカーセンターが有力だ。朴智星はこの席で現役引退を公式宣言するとみられる。

  今年夏にアイントホーフェンへのレンタルが終わる朴智星は、元所属チームであるイングランドチャンピオンシップ(2部リーグ)のクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)との契約が1年残っている。しかしQPRに復帰する確率は低い。朴智星の父パク・ソンジョンさんは先月、中央日報との電話で、「智星はQPRに戻らないという意志が強い」と話した。

  朴智星は試合数が多く、激しいプレーをするチャンピオンシップで選手生活を終えることに負担を感じている。QPRがプレミアリーグ(1部リーグ)に昇格する場合も気持ちは変わらない。今季4位だったQPRは5位のウィーガンと10日(日本時間)の昇格プレーオフ(PO)第1戦アウェーで0-0で引き分けた。第2戦は13日にQPRのホーム、ロンドンで行われる。QPRがウィーガンを退ければ、ダービーカウンティ-ブライトン&ホーブ・アルビオンの勝者と24日にPOファイナルを行い、ここで勝ってこそ昇格する。

  しかし朴智星は14日に記者会見を開く。アルビオンの去就とQPRの昇格可否は特に関係がないという解釈が出てくる。朴智星は現役引退の方向に心を固めたという。適当な時期になれば未練なく退くというのが朴智星の所信だ。

  2011年1月に韓国代表引退を宣言する時も同じだった。朴智星は今季、アイントホーフェンでベテランとして健在を見せ、チームの欧州リーグ進出にも寄与した。今が引退の時期だと判断したという。朴智星は最近、ロンドンに行き、トニー・フェルナンデスQPR球団オーナーに会った。契約期間を残して引退することについて理解を求めたと伝えられている。その代わりQPRのメインスポンサーでフェルナンデス球団オーナーが会長のエアアジアの広報大使としうて活動することに約束したという声も聞こえる。

  朴智星が現役選手としてプレーする最後の公式試合は7月のチャリティー試合となる見込みだ。アイントホーフェンは今月22日に水原サムスン、24日に慶南FCと親善試合を行うが、朴智星も出場する。ブラジルワールドカップ(W杯)が終わった後、朴智星は7月中にプロサッカー連盟とともにチャリティー試合を行う計画だ。この試合がフィナーレ舞台になる可能性が高い。

  朴智星はW杯に3回(2002、2006、2010年)出場し、Aマッチを100試合消化した。大韓サッカー協会はAマッチに70回以上出場した選手に対し、審査を経て公式引退式を開くが、朴智星はすべての資格を備えている。朴智星が引退を公式発表すれば、サッカー協会が引退式を提案することもできる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事