男性20%「喫煙する恋人とは別れる」

男性20%「喫煙する恋人とは別れる」

2009年02月11日14時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   バレンタインデーが4日後に迫った。 バレンタインデーは恋人と初めてキスをする絶好の機会だ。 しかしそのためには禁煙をしなければならないようだ。 女性10人のうち8人は「恋人のたばこのにおいのためキスを避ける」と答えたからだ。

   結婚情報会社「デュオ」が中央大呼吸器内科のキム・ジェヨル教授研究チームと共同で1月19日-2月6日、未婚男女200人を対象に恋人および結婚相手の喫煙に関するアンケート調査を実施した結果だ。 女性の83%、男性の57%が「恋人のたばこの臭いのためキスするのが嫌だと思ったことがある」と答えた。

  85%の女性は「デート中に相手に禁煙を要求したことがある」と答えた。 また女性の71%、男性の49%が「恋人が禁煙できるように積極的に支援する」と答えた。

  恋人の禁煙を支援する方法については「個人の意志」(男性49%、女性59%)、「専門医との禁煙相談」(男性40%、女性33%)を挙げた。 このほか「禁煙ガム・パッチを贈る」(男性9%、女性10%)という回答もあった。

  一方、たばこを吸う異性を嫌う理由(複数回答)は「配偶者および子どもの健康」(男性46%、女性44%)を選ぶ人が多かった。 しかし「恋愛および結婚相手として喫煙者をどう思うか」と尋ねると、「嗜好品だからかまわない」と答える人(男性14%、女性10%)もいた。

  一方、「喫煙を続ける場合は別れる」と答えた人は男性20%・女性12%となり、喫煙に否定的な認識を抱いている人も少なくなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事