日産初の韓国人CEO「革新的未来カーのイメージを焼き付けたい」

日産初の韓国人CEO「革新的未来カーのイメージを焼き付けたい」

2017年04月18日14時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国日産のホ・ソンジュン社長
  韓国日産のホ・ソンジュン社長(43)は4月9日に閉幕した「2017ソウルモーターショー」で「インテリジェント・モビリティ」を展示テーマに据えた。インテリジェント・モビリティは「ゼロ・エミッション(排気ガスがない)」・「ゼロ・フェイタリティ(事故による死傷者をなくす)」の実現に向けた日産の新しいビジョンだ。ホ社長はガソリンエンジンでモーターを駆動してモーターだけで走行する「グリップス(GRIPZ)」のコンセプトモデル、100%電気自動車「リーフ(LEAF)」、自動運転ロボット自動車「エポロ(EPORO)」等を集中的に披露した。

  「インテリジェント・モビリティは日産のDNAである挑戦と革新の結晶体」と話すホ社長も新たな挑戦に向けて始動した。韓国日産はもちろん、日産全体で初の韓国人最高経営責任者(CEO)としてだ。2月1日に就任したホ社長は「日産での12年間の勤務経験とブランドに対する理解が高く、韓国人ということで韓国市場に合った戦略を立てて消費者と疎通する人物として適任と判断してもらえたようだ」と本社の人事背景を説明した。

  ホ社長は日産の挑戦的・革新的イメージから消費者の脳裏に焼き付けていく考えだ。ことし11月になれば日産が韓国に進出してから満9年を迎えるが、韓国における日産のアイデンティティがはっきりしないとの判断からだ。ソウルモーターショーで、今すぐ販売する車ではなく未来カーの技術で日産ブースを埋めたのもそのような理由からだ。

  ホ社長のもうひとつの課題は本社とディーラーの間の同伴成長体系の構築だ。ホ社長は関係構築のために就任後60日間、ディーラーの社長の元を一人ひとり回った。ホ社長はディーラーの悩みを解消し、本社も成長できるようなシステムについて思いを巡らせている。ホ社長が「すべてを革新しよう」という社内キャンペーンを展開しているのもこれと同じ脈絡だ。

  メルセデスベンツ・コリア出身のホ社長は2005年に韓国日産の創立メンバーとして合流した。新しい会社なので挑戦できることが多いと思ったからだった。特に、韓国日産の初代社長だったケネス・エンバーグ氏がホ社長に ルノー日産のカルロス・ゴーン会長の著書『Shift』(邦題は『カルロス・ゴーン経営を語る』)を手渡して夢を育ませた。2007年に訪韓したゴーン会長に会ったホ社長は「あなたのようになりたい」と宣言し、10年でその夢の道半ばまでやってきた。

  韓国日産で6年、オーストラリア・フィリピン日産で6年間、広報・マーケティング分野で力を発揮してきたホ社長は、特にフィリピン日産の成長に大きく貢献した。韓国日産の2016会計年度(2016年4月~2017年3月)の販売量は韓国進出以降、史上最大の6049台だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事