【時論】脱北知識人が金正恩委員長に送る手紙(2)

【時論】脱北知識人が金正恩委員長に送る手紙(2)

2018年05月08日11時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  よく父親の金正日(キム・ジョンイル)委員長が話していた「われわれ式社会主義」を適時に捨てていたら現在の「人間生き地獄」の北朝鮮は防げました。いま北朝鮮であなたの変革意志に反発する人はだれですか。核兵器に執着してきた軍部強硬派もしっかり整理されたと外部世界は分析します。千載一遇の機会、真実の瞬間は目の前に近づいています。躊躇しないでください。

  「貧困は国も勝てない」という言葉は古今東西の真理です。しかし北朝鮮の地に中国式またはベトナム式の改革・開放政策だけ導入すればいくらでも貧困を打破できます。この機会に核兵器を捨てるよう願います。南北首脳会談に続き米朝首脳会談であなたが核兵器放棄を宣言するならば70億人類の熱い拍手を受け21世紀の最も有名なリーダーとして歴史に記録されるでしょう。おそらく文在寅大統領とトランプ大統領、そして金委員長はだれが見ても有力な今年のノーベル平和賞受賞者になるでしょう。

  だが反対に核兵器に執着し続けるならばあなたの運命は担保されにくいでしょう。まず自由を勝ち取ったわれわれ3万人の脱北者は苦痛を受ける2500万北朝鮮住民の先駆者としてあなたに次のような要求をしようと思います。

  最初に、北朝鮮の収容所を果敢に解体し、すべての収容者を家族と故郷へ送り返してください。2番目に、離散の恨(ハン)を抱えて暮らす拉致被害者と国軍捕虜を全員解放してください。3番目に、板門店に近い地域に離散家族面会所を設置し親族の対面を切なく待つ1000万離散家族の70年にわたる恨を晴らしてください。

  われわれ脱北者はきのうまで「社会主義落伍者」でしたが、いまでは「資本主義先駆者」として統一の瞬間を指折り数えています。ベトナムは共産化統一過程で祖国を離れた多くの人がドルを抱えて帰国し市場経済発展の先駆者の役割をしています。われわれ3万人の脱北者にもそのような機会が来ることを切実に望みます。

  トランプ大統領はあなたに会う時必ず「脱北者」に言及するでしょう。南北首脳会談に続き米朝首脳会談でも大きな成果を期待されます。

  アン・チャンイル/世界北朝鮮研究センター所長、脱北者、政治学博士

  ◇外部執筆者のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

【時論】脱北知識人が金正恩委員長に送る手紙(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事