【現場から】「ベルリン構想」伝道師の韓国外相、対北制裁を他人事のように「祝う」(1)

【現場から】「ベルリン構想」伝道師の韓国外相、対北制裁を他人事のように「祝う」(1)

2017年08月09日13時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今はもうなくなったが、ASEAN地域安保フォーラム(ARF)には独特の伝統があった。前夜祭で東南アジア諸国連合(ASEAN)を除いた各国の外相がかくし芸を披露するというものだ。2000年には当時の李廷彬(イ・ジョンビン)外交通商部長官が英語でユーモアを語った後、韓国代表団はサムルノリをして大きな拍手を受けた。当時、現地で李長官のユーモアの原稿を書いた人物が康京和(カン・ギョンファ)補佐官だった。舞台の裏にいた彼女がその17年後に韓国の外交部長官としてARFに出席した。

  (1)「ベルリン構想」伝道師の役割

  康長官は5日、フィリピン・マニラに到着し、4日間に約20件の2カ国間および多者間の日程を消化した。8日の帰国に先立ち康長官は記者らに「『ベルリン構想』の韓半島(朝鮮半島)平和定着努力に対する各国の積極的な支持と呼応を得た点」を最も大きな成果に挙げた。

  実際、ASEAN外相は5日に発表した北朝鮮核問題に対する声明で「我々は韓半島の永久的な平和達成のために南北関係を改善しようとするイニシアチブを支持する」と明らかにした。6日の共同声明には「7月6日にベルリンで提案した南北関係改善と韓半島の永久的な平和定着のための韓国政府のイニシアチブを歓迎する」という文言を入れた。ASEANの支持確保で文在寅(ムン・ジェイン)大統領がハンドルを握った「韓半島平和自動車」に燃料がやや注入された状況だ。

  (2)中国外相の「京劇パフォーマンス」を防御

  康長官のデビュー戦で最も難しい日程は韓中外相会談(6日)だった。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題をめぐる韓中間の葛藤で、中国の王毅外相は決して扱いやすい相手ではなかった。王外相は変化が激しい「演技」のため「外交官でなく京劇俳優」という声まで聞く人物だ。

  今回も王外相は攻撃的な態度を見せた。しかし康長官も準備ができていた。会談前に太極旗(韓国の国旗)と五星紅旗の前で握手を交わす時、康長官は笑顔を見せていたが、王外相が険しい表情を演出するのを見ると笑顔を消した。準備していたシナリオ通りだった。

  康長官は会談の冒頭発言で王外相がTHAAD完全配備について「両国関係に冷や水を浴びせた」と話すのを冷静な表情で聞き、自分の発言の番がくると「防御的な決断」と静かに応酬した。会談が非公開に転換された後も王外相に向かって「現在のTHAADに反対する中国の態度は本末転倒」と反論したという。しかし王外相の「京劇パフォーマンス」を防御するのに時間を注いだことで、中国側のTHAAD報復に対する問題提起はできなかった。康長官も「THAAD配備の原因が北の挑発にあるという点を説明し、意見を交換する間に時間が迫り、問題提起ができなかった」と述べた。

【現場から】「ベルリン構想」伝道師の韓国外相、対北制裁を他人事のように「祝う」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事