【時論】脱北知識人が金正恩委員長に送る手紙(1)

【時論】脱北知識人が金正恩委員長に送る手紙(1)

2018年05月08日11時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  真実の瞬間が近づいています。北から南へ来たわれわれ3万人の脱北者は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が必ず北朝鮮の非核化を実現し韓半島(朝鮮半島)に真の春が来るだろうと信じたいです。4月27日に脱北者は板門店(パンムンジョム)の軍事境界線(MDL)を越えるあなたを見て胸を打たれました。あなたは世人の関心を集めながら赤いじゅうたんの上で大韓民国国軍儀仗隊を査閲しました。3万人の脱北者のうちだれ1人命を賭けずにこの地に来た人はいません。非武装地帯(DMZ)の地雷畑を命を賭けて突破し、銃口が潜む物々しい中朝国境と第三国の砂漠やジャングルを超えここ自由の地大韓民国に根を下ろしました。

  ある脱北者はあなたの板門店通過について「70年の脱北史上最も華麗な脱北」と表現し、また別の脱北者は「党・政府・軍隊の首長をすべて率いてやってきた金委員長がそのまま大韓民国に居座ればその瞬間から平和統一だ」と話しました。北朝鮮は3万人の脱北者に依然として「母国」だが、われわれの真の「祖国」は大韓民国です。ところで今回の首脳会談中にあなたは失郷民、延坪島(ヨンピョンド)住民、私を含めたわれわれ脱北者を「分断の犠牲者のうちのある階層」と言及しました。

  あなたが文在寅(ムン・ジェイン)大統領を信じ、さらには大韓民国を信頼し、歴史的な一歩を踏み出したことに対し拍手を送ります。われわれ脱北者は「平昌(ピョンチャン)のバタフライ効果」に力づけられいまや北朝鮮も変化の隊列に参加するような良い感じを受けました。あなたは3代世襲という批判も受けましたが、軍部をはじめとしてだれの助けもなく支配権を確保しました。そうした中で変革の道を進もうと「一気に跳躍」に出たが、これに対し反発する人は多くないと思います。

  振り返ってみれば大量脱北の原因となった「苦難の行軍」はすべて先代の過ちです。したがってあなたはもう先代と徐々に縁を切って改革・開放の道に堂々と進まなければなりません。中国の先例を見てください。トウ小平は毛沢東に対して「功7過3」(功績が7割、過ちは3割)と評価し、断固として前だけ見て走ってきたから現在米国と並ぶ主要2カ国(G2)に跳躍しました。あなたが規定しなければならない先代(金日成・金正日)の「3つの過ち」に言及してみましょうか。

  最初に、彼らは個人崇拝で人民大衆の自由と人権を厳しく弾圧しました。2番目に、無謀に核兵器開発に没頭し人民の生活問題である人民経済を荒廃化しました。3番目に、北朝鮮を外部世界と遮断し孤立無援の後進国にしました。

【時論】脱北知識人が金正恩委員長に送る手紙(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事