韓日、北核に集中するために当分は過去史を浮上させない…文大統領「緊密な関係が切実」

韓日、北核に集中するために当分は過去史を浮上させない…文大統領「緊密な関係が切実」

2017年09月07日16時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相が7日、北朝鮮核とミサイル問題の対応に集中するために、当分過去の問題を韓日間の最大懸案に取り上げないことで意見を一致した。
  文大統領きて安倍首相はこの日、東方経済フォーラムが開かれているロシア・ウラジオストクで50分間にわたる韓日首脳会談を開き「北朝鮮の核とミサイル挑発による北東アジアの緊張が高まっている中で、両国が過去の問題を安定的に管理しながら、未来志向的で実質的な交流と協力を強化していこう」と話したと尹永燦(ユン・ヨンチャン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民疎通首席が伝えた。

  これに関して尹首席は「(北朝鮮の脅威など)両国の問題を解決していくうえで慰安婦問題や強制徴用問題などが足かせにならないように両国が未来志向的な観点で懸案を管理し、安定的に問題を解決していくということ」とし「過去の歴史などの問題を争点化するか、両国の最大限の最も大きな問題として浮上させるのは現在としては適切でない」と説明した。

  尹首席は日本の政界・関係人事の神社参拝や過去の歴史関連の妄言を日本側が中断することにしたのかに対しては「具体的には分からない」としつつも「両国が首脳が会って話をした時は新しいものに対してある程度合意があったと見ている」と話した。

  両首脳は「北朝鮮の核実験およびミサイル発射に関連して北朝鮮に対する国際社会の非難と圧力が加速化している現状況で、今は対話よりは北朝鮮に対する最大限の制裁と圧力をより一層強化していかなければならない」と意見を一致した後、国連安全保障理事会の北朝鮮に対する原油供給中断制裁を推進することに力を注ぐことにした。特に、原油供給中断に反対する中国とロシアを最大限に説得するために両首脳は努力することにした。

  文大統領は首脳会談が始まると「北朝鮮の度重なる挑発のために日本国民も、韓国国民も非常に心配している。日本国民に慰労の言葉を伝える」と挨拶した後「韓国と日本、両国の緊密な関係が切実にもとめっれるようになった」と話した。また、「その間、数回にわたって会談し電話会談をしながら、多くの時間を北核問題の対応に割いた」として「きょう(7日)も北核問題の対応案について踏み込んだ協議をするしかない」とした。

  文大統領は「韓半島(朝鮮半島)を取り巻く状況がさらに悪化し、統制不能の状況に陥らないようにすることが重要だ」とし「北朝鮮の挑発で韓日両国の国民の不安が高まっているだけに、両国が国際社会と協力しながら北朝鮮が核とミサイルを必ずあきらめるように制裁と圧力を最大限に強める一方で、窮極的には平和的な方法で問題を解決できることにしよう」とも呼びかけた。

  7月7日、ドイツ・ハンブルクで開催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議当時に会った両国の首脳は今回が2回目の首脳会談だ。両国首脳は3日、北朝鮮による6回目の核実験に対する対応案を議論するために4日にも電話会談を行うなど、現政権発足以降6回にわたって行った。

  安倍首相は「北朝鮮の度重なる挑発は今までない、重大で緊急な脅威」としながら「日本と韓国、そして日本・韓国・米国間で連携してきたが、今後も緊密に強力して対応していきたい」とした。安倍首相もその間、文大統領としばしば疎通したことを取り上げた後「今まで様々な課題に対して詳細に、時宜を得ていろいろな話を交わすことができる関係を構築していることをうれしく思う」とし、「様々な分野において未来志向的に新しい関係を構築していきたい」とした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事