韓国・月城原発1号機がまた故障…今年4回目

韓国・月城原発1号機がまた故障…今年4回目

2012年10月30日09時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
  今年11月に設計寿命が終わる慶尚北道慶州の月城原発1号機の発電が停止した。

  韓国水力原子力(韓水原)月城原子力本部は「29日午後9時39分、月城1号機が正常運転中、タービン停止信号によって発電が停止した」と明らかにした。月城原発側は「現在、月城1号機の原子炉は安全な状態を維持している」とし「原因を詳細に確認中」と明らかにした。

  月城1号機が故障したのは今年に入って4回目。今年1月には原子炉冷却材ポンプの故障で、7月には電圧調節装置のエラーで発電機が停止した。9月16日には変圧器の故障で作動が止まった。

  月城1号機は出力規模67万9000キロワット級で、1983年4月に商業運転を始めた老朽原発。今年11月20日に設計寿命30年を満たす。国内の原発は設計寿命が終われば、原子力安全委員会の審査を経て、10年ずつ運営期間を延長できる。

  韓水原は月城1号機の10年延長運転を推進してきた。しかし環境団体と地域住民はこれに反対し、原発の閉鎖を要求している。

  10月に入って故障で発電が停止した原発はこれで4基となった。今月2日には霊光5号機と新古里1号機が故障した。新古里1号機は14日に再稼働したが、霊光5号機は13日に再稼働してから2日後にまた異常が発生し、24日に停止した。蔚珍2号機は28日、タービン制御系統の異常で発電が自動停止した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連キーワード