中国、脱北者の米国直行を初めて許可

中国、脱北者の米国直行を初めて許可

2006年07月25日08時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国瀋陽の米国領事館から塀を越えて進入し、米国行きを要求した脱北者4人のうちの3人が、22日に米国に渡った事実が24日、確認された。彼らの米国行きは政治的亡命を帯びたものと伝えられた。

  北京のある外交消息筋は「5月中旬、瀋陽駐在米国領事館の塀を越え米国行きを要求した脱北者3人が、米国と中国間の交渉の末、中国の同意を受けて出国した」とし「彼らは飛行機で第三国を経由せずに米国に行った」と明らかにした。

  北朝鮮を脱出した人々は20~30代の男性2人と女性1人だ。北朝鮮を脱した人たちが中国で米国公館に入り、米国行きに成功したのは今回が初めてだ。これはこれから中国内米国公館に入った脱北者問題の処理に重要な先例として作用するものとみられる。中国が北朝鮮を脱出した人たちを第三国を経由せず亡命希望国に直接行くように許可したのも初めてだ。これまで中国内の外国公館に進入した脱北者たちは審査を経てフィリピン、シンガポールなど第三国を経由した後、亡命地に向かった。

  彼らは昨年9月、瀋陽の韓国総領事館に進入して韓国行きを要求し、脱北者6人が初めて米国に入国したという消息を聞いて米国行きを決意。韓国総領事館と塀をはさんだだけの米領事館に進入した。彼らと一緒に米領事館に進入した男性1人は北朝鮮の前職情報要員であることから米国行きできなかったものものと伝えられている。この脱北者は韓国行きを希望しているということだ。また当時、彼らのうち男性2人は塀を越える過程でこれを制止する韓国公館職員に物理力を行使していた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事