【NOW!ソウル】話題の「望遠洞」でおしゃれカフェめぐり!

【NOW!ソウル】話題の「望遠洞」でおしゃれカフェめぐり!

2017年09月07日16時28分
[Copyright(c) KONEST]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
弘大(ホンデ)の近くに位置する望遠洞(マンウォンドン)。「望理団通り(マンニダンキル)」とも呼ばれ、個性的でSNS映えするカフェが多く、今人気上昇中のエリアです。
  弘大(ホンデ)の近くに位置する望遠洞(マンウォンドン)。「望理団通り(マンニダンキル)」とも呼ばれ、個性的でSNS映えするカフェが多く、今人気上昇中のエリアです。

  *続きは左の「写真拡大」をクリック。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 弘大(ホンデ)の近くに位置する望遠洞(マンウォンドン)。「望理団通り(マンニダンキル)」とも呼ばれ、個性的でSNS映えするカフェが多く、今人気上昇中のエリアです。
  • カフェ「ZAPANGI(チャパンギ・韓国語で自動販売機のこと)」は、ピンクの自動販売機が入口のドアになっているユニークさで、日本でも話題になっています。
  • おもちゃ屋をコンセプトにしたカフェ「VIVA SALON(ビバサロン)」。店内に並べられたおもちゃもさることながら、クッキーモンスターを模した「モンスターラテ」(5、800ウォン)も名物。飲んでしまうのがもったいない可愛さです。
  • 「DEEP BLUE LAKE(ディープ・ブルー・レイク)」は、青い外観が目を引くカフェ。1階~3階まである店内はフロアごとにコンセプトが異なり、パステルカラーや自然をテーマにしたインテリアは、思わず写真を撮りたくなる雰囲気です。
  • 地下鉄6号線の合井(ハプチョン)駅近くにあるティラミス専門店「望遠洞ティラミス」は、カップに入った見た目がキュートなフルーツティラミスが人気。見た目の可愛さだけでなく本格的な味も評判です。