【コラム】中国は対北朝鮮石油カードを使うべき(1)

【コラム】中国は対北朝鮮石油カードを使うべき(1)

2017年02月24日16時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国丹東の郊外にある八山原油貯蔵所から北朝鮮平安北道ピヒョン郡白馬里のボンファ化学工場まで29.4キロのパイプラインが敷設されている。北朝鮮は鴨緑江(アムノッカン)の川底を横切るこのパイプラインを通じて中国の原油を輸入し、ボンファ化学工場で精油して軍事・輸送・発電用として供給する。2000年代に入って年間50万トンを超える規模であり、北朝鮮が消費する石油の95%程度を占める。不足分はロシア産と密輸入で補充する。原油ではなく石油製品として輸入する分も年間20万トンほどある。2015年の韓国の石油消費量1億1000万トンと比較すると、北朝鮮の「石油飢饉」がどれほど深刻かが分かる。

  北朝鮮の市場では軍・国家輸送機関・発電所が抜き取った石油と、石油を基盤とする製品が活発に取引されている。特に人気があるのは石炭や薪より火力が強く煙が出ない液化石油ガス(LPG)だ。液化石油ガスというものも中国から輸入した原油から作る。北朝鮮がタンク1台を動かすのに、軍用機1機を飛ばすのに、ミサイル1発を発射するのに、軍隊を移動するのに、農産品と工業製品を消費地まで運ぶのに、また住民が日常生活をするのに、全面的に中国の石油に依存している。石油なしには戦争もできない。

  中国の石油は北朝鮮にとって、救急室の患者がつけている酸素マスクのような生命線だ。このような事情をエネルギー経済研究院の研究員キム・ギョンスル博士が分かりやすく説明した。「原油の100%、石油製品の90%を中国に依存している現実で、中国がパイプラインを閉めてしまえば、北朝鮮は数日間しか持ちこたることができない。あっという間に国家システムが崩れ、社会全体が心理的恐慌状態に陥る」。

  中国が朝中石油コネクションを断つこと、それだけが猟奇的な金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長を懐柔できる近道だ。その答えを中国も知り、我々も知っている。問題は中国がその手段を使わないところにある。中国が北朝鮮の核に反対すると述べ、親中派の叔母の夫と一時中国が保護した異母兄を暗殺した金正恩委員長に怒りながらも、対北朝鮮石油供給を中断しない理由は何か。

  中国問題専門家の李熙玉(イ・ヒオク)成均館大教授の診断だ。「そのカードは結果があまりにも重大だ。パイプラインは一度閉めれば回復が難しい。中国は核心の利益が侵害されたと判断する時、最後の手段としてそのようなカードを使う。石油は戦略的なカードだが、それを今使うのは戦略的なカードを戦術的に使うことだ」。キム・ギョンスル博士の説明によると、大慶産石油にはパラフィン成分が多く、流れていなければ固まるパラフィン粒子がパイプラインにつく。使用を再開するにはパラフィン粒子を溶かす必要がある。時間がかかるということだ。

【コラム】中国は対北朝鮮石油カードを使うべき(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事