<米朝首脳会談>握手、20センチの身長差…トランプ・金正恩の神経戦ポイントは?

<米朝首脳会談>握手、20センチの身長差…トランプ・金正恩の神経戦ポイントは?

2018年06月12日08時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  12日午前9時に始まる米朝首脳会談でトランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長は最初にどのような出会いを演出するだろうか。両首脳の会談は非核化議題を議論する前に初めてまなざしを交わすところから始まる。

  両首脳の初めての出会いを飾る握手から関心事だ。トランプ大統領は他国の首脳に会った際に意地悪な方式で握手することで悪名が高い。トランプ大統領は日本の安倍晋三首相との初めての出会いでは19秒間手を離さない長い握手で相手を当惑させ、「握手しましょうか?」と尋ねるドイツのメルケル首相の言葉は無視して知らんぷりをした。「逆襲」される時もある。フランスのマクロン大統領はトランプ大統領の手の甲に指の跡が白く残るほど手を強くつかみトランプ大統領が顔をしかめたりもした。金委員長も意外な握手戦略を駆使できる。積極的にあいさつし機先制圧を試みることができるということだ。金委員長は4・27南北首脳会談で文在寅(ムン・ジェイン)大統領に別れのあいさつでサプライズ抱擁をした。自身が青少年期を送った欧州スタイルで相手を3度抱擁する方式だった。

  金委員長が英語でトランプ大統領にあいさつをするかも関心事だ。スイス留学経験のある金委員長は英語で会話が可能とされている。金委員長と会ったことがあるというあるカナダの要人は中央日報に「金委員長は私の話を通訳が終わる前に理解した。金委員長の英語は水準級だ」と話した。国際的指導者という印象を残すために金正恩が英語であいさつすることも考慮しそうだ。金委員長は10日にシンガポールのリー・シェンロン首相と会った席で、通訳がまだいない状況でリー首相が「(写真記者に向け)もう一度握手をしよう」と話すとうなずいて応じた。

  双方の写真撮影方式も関心事だ。トランプ大統領の身長は190センチメートル、金委員長は170センチメートルほどだ。トランプ大統領より小さいという印象を与えたくない金委員長が座ったまま写真撮影に出る可能性もある。儀典総責任者だった金昌善(キム・チャンソン)国務委員会部長がシンガポールに数日間滞在しながら多様なシナリオを取りまとめたものとみられる。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事