KTXが止まり、合井駅で火災、江南ではビルが崩壊

KTXが止まり、合井駅で火災、江南ではビルが崩壊

2014年05月12日09時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  週末のソウルと首都圏で、列車が止まり建物が崩壊するなど安全事故が相次いだ。人命被害はなかったが、セウォル号沈没事故とソウル地下鉄2号線追突事故後に相次ぐ各種安全事故に市民はまた胸をなで下ろした。

  11日午後0時50分、天安牙山(チョンアンアサン)駅を出発しソウル駅へ向かっていたKTX列車が衿川(クムチョン)区庁駅近くで30分間にわたり故障により停止した。回送列車のため乗客はいなかった。だが後続のKTXと一般列車、ソウル地下鉄1号線など13本の列車がこの線路を通れなくなった。この区間は首都圏に入るさまざまな列車が集まる区間だ。結局後続列車は別の線路に迂回して15分遅れで運行された。コレール(韓国鉄道公社)は該当列車の集電装置が故障を起こしたと説明した。コレールのイム・ソクキュ言論広報処長は、「事故直後に応急処置を通じて列車を移動させるのに30分ほどかかった。基地で故障原因を精密に分析する」と話した。

  この日午後4時17分ごろ、仁川(インチョン)空港鉄道雲西(ウンソ)駅ではスクリーンドアの故障が起きた。ソウル駅を出発し仁川空港に向かった空港鉄道の列車は雲西駅に停車してドアを開けた。しかしスクリーンドアが開かず、30人余りが乗降できなかった。電車の運転士はこの事実に気付かずそのまま列車を出発させた。これに乗客が抗議して事実を知らせ、列車は500メートルほど後進して乗客を乗降させた。

  これに先立ち10日にはソウル地下鉄6号線合井(ハプチョン)駅地下2階換気室で火災が起こり、乗客が避難する騒ぎがあった。この日午後5時2分ごろに発生した火災で煙がプラットホーム側に広がった。列車を待っていた乗客100人余りは駅の外に避難した。ソウル都市鉄道公社は午後5時5分から16分間にわたり合井駅を停車させずに運行した。幸い大きな火災に広がらず、人命と財産被害はなかった。

  この日午後0時5分にはソウル・新沙洞(シンサドン)カロスキルにある建物が崩壊する事故が起きた。撤去中の5階建てビルの4階で外壁が崩れ、コンクリートの山が歩道にあふれた。現場の遮断幕と足場も歩道側に崩れ、駐車していた車両2台が破損した。通行人が多い土曜日の午後だったが幸い負傷者はいなかった。事故が起きた建物から都市ガスが漏れ2次災害の危険があるため警察は歩行者の通行を規制しガス供給を遮断した。そのため周辺290軒余りの建物でガス供給が約3時間中断された。警察は事故経緯とともに撤去業者が安全措置を正しくしていたかを調査中だ。近隣の商店の店員は、「撤去工事が進行中にコンクリートの破片が時々歩道に飛び、その横を避けて通っていた」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事