【NOW!ソウル】新規オープン続々?弘大エリアはさらに便利に

【NOW!ソウル】新規オープン続々?弘大エリアはさらに便利に

2017年05月17日16時36分
[Copyright(c) KONEST]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
いつもにぎやかなソウルのトレンド発信地、弘大(ホンデ)。空港鉄道A’REXが通っていることから外国人旅行者も多く訪れるこのエリアに、近頃耳寄りのオープン情報が相次いでいます!
  いつもにぎやかなソウルのトレンド発信地、弘大(ホンデ)。空港鉄道A’REXが通っていることから外国人旅行者も多く訪れるこのエリアに、近頃耳寄りのオープン情報が相次いでいます!

  *続きは左の「写真拡大」をクリック。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • いつもにぎやかなソウルのトレンド発信地、弘大(ホンデ)。空港鉄道A’REXが通っていることから外国人旅行者も多く訪れるこのエリアに、近頃耳寄りのオープン情報が相次いでいます!
  • 弘大エリアの合井(ハプチョン)に、新たな複合文化空間「ディライトスクエア」が誕生!4月21日にオープンした大型書店「教保文庫(キョボムンゴ) 合井店」をはじめ、グルメ店やショップなどが入店しはじめており、人気スポットとなるか注目されます。 
  • これまでゲストハウスに比べホテルの少なかった状況にも変化が。2016年夏にオープンした特2級の「アマンティホテルソウル」を皮切りに、大規模ホテルがどんどん増えています!
  • 特に今話題になっているホテルが、2017年下半期に弘大中心部にオープン予定の2件。日本人旅行者にも人気の「ロッテホテル」グループの「L7ホテル」(写真上)と、かつての弘大のランドマーク「ホテル西橋(ソギョ)」を前身とする「アジュホテル西橋」です。
  • こうした流れに先駆け、4月には、「AREX Travel Center 弘大入口(ホンデイック)駅店」も空港鉄道駅構内に新設!観光サポートはもちろん、仁川(インチョン)国際空港-弘大ホテル間の手荷物配送サービスの拠点として、旅行者の便利度が増しそうです。観光エリアとして進化していく弘大に、訪れてみてはいかがでしょう。