【社説】「魅力コリア」、未来繁栄の原形質だ

【社説】「魅力コリア」、未来繁栄の原形質だ

2015年09月24日17時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中央日報がこれまで5回にわたり連載した「魅力コリアリポート」は、韓国が繁栄のために追求すべき未来戦略を提示した。開放と寛容、多様性を基に魅力的な韓国をつくって全世界の人材と資本を引き込もうという提案だ。

  中央日報と慶煕(キョンヒ)大学はビッグデータ4872万件余りと一般市民・専門家・大学生、韓国をよく知る外国大使や海外の学者ら4500人余りの意見を集約して韓国の魅力度を一層強化する方法を調べてみた。その結果、回答者の多数が開放的な姿勢と多文化的な感受性を注文した。韓国社会が一段階飛躍するならば「それぞれ異なる」ことを受け入れる寛容精神で優れた外国人材と質の良い資本を引き込まなければならないということだ。このために国家レベルでさらに積極的な包容政策を展開しなければならず、韓国社会が国内に入ってきた外国企業や外国人材に親和的な社会・経済・文化環境をつくることも重要だ。人種的偏見、ほかのアジア人に対する優越意識や差別も多様な人材確保のために克服しなければならない課題だ。

  私たちはすでに1000年前の高麗時代に開京の関門である碧瀾渡(ピョンナンド)にアラビア商人まで訪れるほど開放と多文化のDNAを持っている。「コレア」という名前も当時の活発な交流のおかげで国際社会に知れ渡った。高麗人はこのようにして流入した海外の文物に自分たちの精神と手を加えて高麗青磁・八万大蔵経・金属活字・韓紙・螺鈿漆器・高麗仏画などの新しい名品文化を再創造した。今こそ1000年前にアジアを席巻した高麗人の多様性と創意性を生き返らせて、魅力的な「大韓民国」ブランドを新たにしなければならない。

  市民3068人にアンケート調査した結果、魅力市民の核心要件として遵法精神(25.6%)と寛容(14.4%)を挙げたことも目を引く。韓国が魅力国家に向かうならば社会秩序を守る市民意識とそれぞれ異なることを受け入れる開放性が前提条件だという社会的共感がすでに形成されていたのだ。政府はこれを国家の未来ビジョンと政策にしなければならない。学校教育からこれを後押しする多文化・共存を教える案も積極的に考えるべきだ。

  実際に歴史を調べれば1つの国が開放と寛容、多様性を追求して繁栄を成し遂げたケースが少なくない。エール大学のポール・ケネディ教授が『強大国の興亡』で紹介した16~17世紀の魅力国家オランダもそうした強小国の1つだ。この国は新・旧教対立の時代に宗教的・社会的寛容と開放政策によって宗教迫害を避けて出てきた欧州の人材と資本家を確保しながら、これを土台に海上貿易帝国に成長した。資源もなく強大国に挟まれたオランダのように韓国も開かれた姿勢で国家・社会の魅力を高めることに集中しなければならないのは言うまでもない。優れたグローバル人材とより多くの資本を引き込む原形質も「魅力コリア」から見出さなければならないだろう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事