「安い!」中国にまで噂になった韓国・仁川地下商店街(1)

「安い!」中国にまで噂になった韓国・仁川地下商店街(1)

2014年01月29日11時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
仁川市東仁川(インチョンシ・トンインチョン)駅一帯の地下商店街に外国人観光客が押し寄せている。ここ新浦(シンポ)地下商店街の一部売り場は、外国人のために看板に中国語と英語併記した。
  土曜日の25日午後、仁川(インチョン)港から遠くない新浦(シンポ)地下商店街。中古の携帯電話を売るヘマルグム通信の店舗前に、大きな旅行カバンをもった10人余りが集まっている。誰かが質問を投げかけた。「多少銭(いくらですか)?」。中国山東省から来た観光客だった。彼らは店の中国人スタッフと駆け引きをしながら携帯電話を選んだ。威海から来た女性(33)は「化粧品を買いに来たが、携帯電話の値段が安くて見て回っているところ」と話した。

  仁川地下商店街に外国人観光客が押し寄せている。仁川第2国際旅客ターミナルから徒歩15分程度の距離にある東仁川(トンインチョン)駅一帯の地下商店街がそうだ。全体面積1万5345平方メートル(4650坪)に757店舗が新浦・東仁川・仁峴(インヒョン)など5つの商店街に区分されているここは、週末になると8000~1万人の外国人でにぎやかになる。概して地下商店街が衰退してしまったほかの地域、ほかの都市とは全く違う姿だ。主に売る商品は、服や靴・カバン・アクセサリー・化粧品・携帯電話などだ。外国人観光客の大部分を占める中国人が好きな品目だ。吉林省から来たという女性(34)は「色々な商品を安く買えて、免税店・デパートではもらえないような化粧品サンプルを用意しているのが魅力」と話した。中国のほか、フィリピンなど東南アジアの観光客もたくさん訪れる。

  事実、一帯の地下商店街は10年前までは文字どおり「閑古鳥が鳴く」ような所だった。1980年代には繁華街だったが2000年代に入ると閉める店舗が続出した。ほかの地域のように「地下商店街の衰退」が訪れたのだった。そこへ船に乗って仁川に来た中国人の買出し商人を相手にやっと命脈を維持した。2000年代中盤は一時空き店舗が3割に達した。

  そんな状況を変えたのは旅客船に乗ってあふれるように入ってきた中国人観光客だった。初めは買出し商人から「そこに安い物がある」という噂を聞いた何人かが訪れていた。実際ここは価格が安い。デパートで10万ウォン(約9600円)はする国産ブランド ジーンズが2万~5万ウォンで、専門店で10万ウォン以上で買える手製靴は5万ウォンラインだ。常に半額セール販売もしている。

「安い!」中国にまで噂になった韓国・仁川地下商店街(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事