韓国与党代表に朴槿恵派の黄祐呂氏が当選

韓国与党代表に朴槿恵派の黄祐呂氏が当選

2012年05月16日10時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
15日に韓国国際展示場(KINTEX)で開かれたセヌリ党全党大会で代表最高委員に選出された黄祐呂議員が朴槿恵非常対策委員長から党旗を受け取っている。
  与党セヌリ党を率いる党代表に5選議員の黄祐呂(ファン・ウヨ)前院内代表が選出された。15日に韓国国際展示場(KINTEX)で開かれたセヌリ党の党大会で黄前院内代表は3万27票を得て圧倒的な票差で1位となった。これで朴槿恵(パク・クンヘ)派の核心の李漢久(イ・ハング)院内代表とともにツートップ体制で党を導くことになった。2位は1万4454票を得た李恵勲(イ・ヘフン)議員だった。次いで沈在哲(シム・ジェチョル)議員が1万1500票、鄭宇沢(チョン・ウテク)議員が1万1205票、兪奇濬(ユ・ギジュン)議員が9782票となった。

  当初から朴槿恵派が黄代表を押すという話が広まっていたが、投票結果は予想通りだった。判事出身の黄代表は、1996年に李会昌(イ・フェチャン)新韓国党選対委員長の招きで初めて比例代表で当選し、仁川延寿(インチョン・ヨンス)選挙区で2000年から4回連続で当選している。黄代表は「楽天家に見えても空手八段」という意味の「オダンパル」というニックネームを持っている。騒がしくことを進めなくて実直に仕事をするという意味が含まれた言葉だ。

  公式的には中道派だが、「汎朴槿恵派」と見ても無理がないほど朴槿恵非常対策委員長と近い。昨年5月に黄代表が朴槿恵派の全面的な支援により李明博(イ・ミョンバク)派の安ギョン律(アン・ギョンリュル)議員を押さえ院内代表に当選したのが李明博派から朴槿恵派への党内権力移動の信号弾とすれば、今回黄代表が党代表になったのは権力移動の完結版となるわけだ。非朴槿恵派からは沈在哲議員が指導部入りに成功しけん制球を投げられるようになったのが成果だ。

  黄代表の最大の課題は大統領候補選挙戦がスムーズに後腐れなく終えられるよう管理することだ。現在鄭夢準(チョン・モンジュン)議員、李在五(イ・ジェオ)議員、金文洙(キム・ムンス)京畿道(キョンギド)知事など非朴槿恵派の候補は完全国民選挙制を強く要求している。黄代表はこれをめぐり朴委員長と非朴槿恵派の仲裁役をしなければならない。黄代表は当選後、指導部が朴槿恵派一色という指摘を意識したように「何々派と名前をつけるのはつらい記憶があるのでできるだけ控え、公正な選挙戦を行えるよう中立的立場を取りたい」と話した。

  問題は黄代表を朴委員長の代理人と見る非朴槿恵派の見方がまだ強いという点だ。党の一部ではこれによって不協和音が起こりかねないとの見通しも出ている。朴委員長はあいさつの言葉で、「われわれには国を生かして国民の未来の責任を負わなければならない歴史的責務がある」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事