現代車、韓国をはじめ米国と中国市場で大規模リコール

現代車、韓国をはじめ米国と中国市場で大規模リコール

2018年02月02日07時05分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代自動車
  昨年のウォン高ドル安と中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)報復などの影響で、営業利益が5兆ウォン(約5110億円)を下回った現代自動車が、韓国をはじめ米国と中国市場で大規模リコールを実施することになった。

  31日、韓国の自動車業界によると、現代車は1月初めから韓国でソナタ(NF)とグレンジャー(TG)の2車種・91万5283台を対象にリコールを実施しているところだ。リコールの理由は製作欠陥だ。

  現代車は米国と中国でも2018年初めから相次いで大規模リコールの実施を決めた。米国の場合、2006年に生産されたソナタと2006~2011年に生産されたグレンジャー8万8000台が対象だ。中国でも大規模リコールを実施する。現代車中国合併法人「北京現代」が生産した「オールニューツーソン」9万7000台余りで欠陥が発生したためだ。

  米国でリコールされる車両はアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)に異質物が流入した場合、火災が発生する可能性があり、リコールを実施することにした。中国で問題になった部分は、制御装置の摩耗、トランスミッション・コントロール・ユニット(TCU)プログラムの欠陥などであることが分かった。

  2017年の海外市場における販売実績は、中国市場販売下落などの影響で前年同期比8.2%減となる381万7588台を示していたが、リコールによって現代車に対するマイナスのイメージが固まってしまう場合、今年の実績にも悪影響を及ぼすものと業界の専門家はみている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事