【社説】文大統領の造船業激励、構造調整に支障が生じてはいけない

【社説】文大統領の造船業激励、構造調整に支障が生じてはいけない

2018年01月04日15時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨日、新年最初の現場訪問で慶尚南道巨済(コジェ)大宇造船海洋玉浦(オクポ)造船所を訪れた。ここで建造中の砕氷LNG輸送船を視察し、すでに建造が終わって今日出港する「ヤマル5号船」に乗って関係者らを激励した。大宇造船海洋が2014年に受注した15隻の砕氷LNG運搬船は最大2.1メートルの氷を砕き、マイナス52度の極限環境でも装備を安定的に稼働できる最先端船舶だ。この船で北極航路を利用すれば、従来の南方航路より釜山(プサン)-ロッテルダムの運送を10日以上も短縮できるという。韓国造船業の快挙といえる。

  効率的なLNG供給は文在寅(ムン・ジェイン)政権の脱原発政策と代替エネルギー源の安定的確保とも関係している。砕氷LNG運搬船に代表される高付加価値船舶は最悪の不況に苦しむ造船業の突破口になり得る。文大統領は「厳しい時期をうまく乗り越えればまた造船強国に飛躍できる」と強調した。造船業の革新成長案とともに、公共船舶の発注拡大などの支援策を約束したりもした。

  しかし大統領の激励にもかかわらず、韓国造船業の状況は厳しい。一昨年80%近く減った受注額は昨年少し回復したとはいえ、まだ2015年の半分にすぎない。最近では現代重工業が大規模な有償増資計画を明らかにし、会社資金事情に対する懸念から株価が一時暴落したりもした。構造調整はしているというが、根本問題である設備過剰は解消していない。世界3位の大宇造船海洋も苦難の一年を予告している。

  文大統領は大統領候補時代、金融支援の拡大と造船所の存続を公約とし、大規模な構造調整に否定的な立場を見せたことがある。今回の大統領の激励が、苦痛は後回しにして漠然と業況が良くなるのを待ってもかまわないという誤った信号にならないことを願う。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事