『軍艦島』リュ・スンワン監督とカン・ヘジョン代表、映画界各種協会から脱退

『軍艦島』リュ・スンワン監督とカン・ヘジョン代表、映画界各種協会から脱退

2017年08月09日10時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
リュ・スンワン監督(左)とカン・ヘジョン代表。(写真=日刊スポーツ)
  映画『軍艦島』を手がけたリュ・スンワン監督と製作会社「外柔内剛」のカン・ヘジョン代表が最近、韓国映画監督組合など映画界の各種協会から脱退したことが分かった。日帝強制占領期の軍艦島に強制徴用された朝鮮人の脱出を描いた『軍艦島』はCJE&Mが配給した。

  8日、映画界によると、夫婦である二人は最近、韓国映画監督組合、映画祭作者協会、韓国映画プロデューサー組合、女性映画関係者会など2人が所属していたすべての協会に脱退の意思を明らかにした。各種団体を通じて活発な活動をしてきた2人が所属団体から脱退するという便りに最近『軍艦島』をめぐるスクリーン寡占問題を意識したのではないかという推測が出ている。先月26日に公開された『軍艦島』は歴代最多である2000以上のスクリーンで上映し、公開と同時に「スクリーン寡占論争」に巻き込まれた。

  カン代表は聯合ニュースとのインタビューで「各団体がスクリーン寡占に関連した公式立場を表明する時、『軍艦島』が迷惑をかけるかと思って脱退した」と話した。

  また、2人の脱退をめぐって協会などが前面に出てリュ監督を支持することができなかったことを残念に思ったのではないのかという分析もある。リュ監督の関係者は「『軍艦島』をめぐる論争をきっかけに心境の変化が起きたようだ」と聯合ニュースに話した。

  『軍艦島』は7日まで総観客617万5千539人が観覧した。この映画の総製作費は約260億ウォン(約25億2000万円)で、700万人を動員してこそ損益分岐点を超えることができる。リュ監督は現在『軍艦島』の海外プロモーションのために主演俳優ファン・ジョンミン、ソン・ジュンギ、ソ・ジソブなど俳優らと共にシンガポールを訪問している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事