ペンタトニックス「アカペラでK-POPメドレー歌いたい」

ペンタトニックス「アカペラでK-POPメドレー歌いたい」

2016年09月02日11時22分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国テキサス出身の合唱団員がデビューしてからレコード業界最高権威のグラミー賞をさらうまで丁度4年かかった。2011年に米国オーディション番組『ザ・シング・オフ』シーズン3で優勝した5人組のアカペラ・グループ、ペンタトニックス(Pentatonix)の話だ。超低音で「洞窟の声」という別名を持つアヴィ・カプラン(27、ベース)、女性より高い声を出すミッチ・グラッシ(24、テノール),紅一点のカースティン・マルドナード(24、ソプラノ)とスコット・ホーイング(25、バリトン),ケヴィン・オルソラ(28、ビートボックス)で構成される。

  一部のメンバーの場合は親でさえこんなに歌がうまいことを知らなかったという程、ペンタトニックスのデビューと成功は突然だった。彼らは2015~2016年のグラミー賞を手にし世界のトップに立った。ペンタトニックスのハーモニーはクラシックからポップスを行き来する水準ではなくすべてのジャンルの音楽をアカペラで実現する。フランスの電子音楽デュオであるダフト・パンク(Daft Punk)の歌やPSY(サイ)の『江南(カンナム)スタイル』を声だけで再現して話題を集めたこともある。音楽評論家のソン・ムニョン氏は「ペンタトニックスのアカペラは若さを土台にした果敢な選曲と攻撃的編曲が最大の強み」とし、「人々にアカペラは古くさい過去のジャンルではないということを認識させた」と話した。

  9月27日、ソウル・蚕室(チャムシル)室内体育館で来韓公演を行うペンタトニックスの紅一点、カースティン・マルドナードに電話インタビューを行った。マルドナードは「『江南スタイル』に続いて機会があればK-POPメドレーをペンタトニックスタイルで歌ってみたい」と話した。2014年に続く2度目の来韓公演に対する期待も大きかった。「韓国の観客のリアクションは本当に最高です。他のメンバーも韓国公演を本当に楽しみにしていて、はやく会いたいです!」

  一夜にしてスターになったようにするがペンタトニックスは途方もない努力派グループだ。テキサス合唱団の仲間だったマルドナード、ホーイング、グラッシの他、オーディション番組に出演するために迎え入れたカプランとオルソラも合唱団で活動したりクラシックを専攻した。オーディション番組で優勝したがそれだけで人気は続かない。マルドナードは「人々の関心を失わないために色々なソーシャル・メディアに私たちが作った音楽コンテンツをアップし続けた」と話した。

  ペンタトニックスに初めてのグラミーアワード受賞の栄誉に授かったのは「ダフト・パンク・メドレー」の場合、400ドルを出してミュージックビデオをとった。アヴィのアパートに集まって作った映像はYouTubeで再生回数2億回を記録して世界的な認知度を持つことになった。マルドナードは「音楽がやりたくて趣味で始めた。こんなに短い時間で大きな成功を収めることになるとは思わなかった」として笑った。

  「既存のヒット曲に私たちだけの魂を込めて新たに再創造して人々が楽しめるようにする能力があるようだ」という言葉の通りペンタトニックスはアカペラの概念を変えてより一層注目されている。アカペラが単純に伴奏のない合唱曲でなく声で実現する、境界のない音楽ジャンルであることを証明してみせた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事