韓国型原発、欧州輸出ルートを開いたが…脱原発に向かう政府は消極的

韓国型原発、欧州輸出ルートを開いたが…脱原発に向かう政府は消極的

2017年10月10日07時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国標準型原発「APR(Advanced Power Reactor)1400」の欧州輸出型モデル「EU-APR」が欧州進出のための最後の関門を通過した。韓国水力原子力(韓水原)は9日、EU-APRの標準設計が欧州事業者要件(EUR)認証本審査を通過したと明らかにした。EUR認証とは欧州内12カ国の14原発事業者で構成された欧州事業者協会が欧州に建設する新型原発の安全性と経済性を検証する手続き。認証本審査を通過したということは韓国がEU-APRを欧州国に輸出できるという意味だ。

  しかし脱原発を前に出した韓国政府の反応が消極的であるうえ、与党議員は韓国型原発の技術力を低く評価する資料まで出した。APR1400は2002年に韓国が独自開発した第3世代原発。設備容量1400メガワットで設計寿命は60年だ。耐震設計も適用されている。韓国は2009年にアラブ首長国連邦(UAE)と計186億ドル(約2兆円)規模のAPR1400原発4基輸出契約を締結した。韓国の最初の原発輸出だった。

  EU-APRはこのAPR1400を欧州安全基準に合わせて再設計したものだ。韓水原と韓国電力技術・斗山重工業などコンソーシアムは2011年12月にEUR認証審査を申請し、予備評価を進めた。2015年11月に本審査が始まり、2年後に最終認証を受けた。これで韓国はフランス・ロシア・米国・日本に続いて5番目にEUR認証を受けた国になった。

  認証を受けたからといって直ちに輸出の道が開かれるわけではない。ただ輸出市場を広げる橋頭堡を確保したという評価だ。新規原発需要が増えているチェコ・スウェーデン・ポーランドなどが候補地域だ。李官燮(イ・グァンソプ)韓水原社長は「欧州だけでなくEUR要件を要求する南アフリカ・エジプトなどの国にも輸出が可能になり、市場を多角化できるようになった」と述べた。

  韓水原は韓国電力が参加の意思を打診している英国ムーアサイド計画とのシナジー効果も期待している。3.8ギガワット規模の原発3基を建設するムーアサイド計画は事業費だけ150億ポンド(約2兆円)にのぼる。当初、東芝と仏エンジーが事業を進めたが、資金難のため新しい事業主を探している。韓電が有力な候補に挙がる中、英国政府は最近、韓国型モデルAPR1400への設計変更が可能だという立場を明らかにした。

  朗報にもかかわらず、脱原発を前に出した韓国政府の反応はあいまいだ。今回のEUR認証は韓水原が自ら伝えた。主務部処の産業通商資源部は報道資料を出さなかった。「積極的に原発輸出を支援する」という白雲揆(ペク・ウンギュ)産業部長官の発言が色あせている。13-15日に行われる新古里(シンゴリ)5・6号機公論化委員会市民参加団の討論を控えているため「意図的な沈黙」という指摘も出ている。

  さらに与党議員はAPR1400の技術力を低く評価し始めた。宋基憲(ソン・ギホン)共に民主党議員は9日、国政監査資料でAPR1400が保有する特許の量的・質的水準をともに「普通」と指摘した。特許庁の「メガトレンド報告書」を引用したもので、APR1400に含まれた技術は卓越したものではないという主張だ。

  この報告書でAPR1400の設計技術競争力は「中」等級を受けた。未来の原発の核心と見なされる安全性強化技術は「上」評価を受けた。チョン・ボムジン慶煕大原子力工学科教授は「2009年のUAE輸出当時のAPR1400をめぐり粗探しをしている」とし「その後3大未自立技術を国産化し、改良を経てAPR+まで開発した」と述べた。

  宋議員は国産原発の特許被引用度と主要市場確保率が低く競争力が落ちると低評価したりもした。匿名を求めたある教授は「原発分野で韓国は後発であり海外市場を開拓する段階であるため、数値が低いのは当然」とし「半導体も最初からシェア1位だったのではない」と語った。

  チョン・ボムジン教授は「数十年間にわたり蓄積し、ようやく先進国レベルに達した原発国産技術を正確に評価するべきだ」とし「力を合わせて原発一つでも多く売らなければいけないのに、政府と与党が輸出の道をふさぐ格好だ」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事