北朝鮮「日帝が標準時を奪った」…15日から30分遅らせる

北朝鮮「日帝が標準時を奪った」…15日から30分遅らせる

2015年08月07日11時15分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮は7日、「日本帝国主義者どもが我が国の標準時を奪った」として光復(解放)70年にあたる今月15日から標準時間を現在使っている東京時から30分遅らせると発表した。

  北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、「朝鮮で祖国解放70周年をむかえて標準時間を制定することにした」と報じた。

  北朝鮮最高人民会議常任委員会は同日、「東経127度30分を基準とする時間(現在の時間より30分遅い時間)を朝鮮民主主義人民共和国の標準時間と決めて、平壌市(ピョンヤン)時間と命名する」とし「平壌時間は主体104(2015)年8月15日から適用する」と明らかにした。これにより東京を標準時に決めている韓国や日本と違い、北朝鮮の標準時は30分遅れることになった。

  朝鮮中央通信は「奸悪な日本帝国主義者どもは半万年の長い歴史と文化を誇る三千里領土(朝鮮領土のこと)を無惨に踏みにじり、前代未聞の朝鮮民族抹殺政策を強いて、朝鮮の標準時間まで奪う永遠に容赦できない犯罪行為を敢行した」として独自の標準時を指定する理由を説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事