<大リーグ>柳賢振が“怪物”である理由(1)

<大リーグ>柳賢振が“怪物”である理由(1)

2013年05月03日14時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
写真拡大
柳賢振(リュ・ヒョンジン、26、LAドジャース)。
  柳賢振(リュ・ヒョンジン、26、LAドジャース)が予想以上の好投を見せ、メジャーリーグを注目を引いている。相手の裏をかくのが、柳賢振の“モンスター(怪物)ピッチング”だ。

  柳賢振が1日(日本時間)のコロラド戦で12三振を奪って勝利投手になると、コロラドのワイス監督は「柳賢振をビデオで分析したが、実際のピッチングは違った。打者は適応できなかった」と述べた。

  カルロス・ゴンザレスが1回、柳賢振の武器のサークルチェンジアップをとらえて本塁打を放った時、この日の柳賢振は長くは持たないと予想された。しかし柳賢振は早めに投球パターンを変えた。最低球速113キロのスローカーブと最高151キロの速球を混ぜながら、打者を圧倒した。メジャー初勝利をマークした先月8日のピッツバーグ戦でも、1回に2ランを浴びた直後、安定した投球を見せた。

  ◆分析するほど混乱=ベテランの洪性フン(ホン・ソンフン、36、斗山)は「メジャーリーグは相手投手に対する分析が優れているという話を聞いた。しかし分析するほど難しくなる投手が柳賢振」とし「最初は何も知らず打つことができるが、だんだん混乱してくる。直球を狙えばチェンジアップがきて、チェンジアップを待てば他の変化球がくる」と述べた。

  打者の出塁率と長打率を合わせた記録のOPS(On Base Plus Slugging Percentage)項目を見ると、メジャーリーグの打者も柳賢振のペースに巻き込まれているのが分かる。最初の打席で柳賢振を相手にしたOPSは0.663だった。しかし2打席目(0.661)と3打席目(0.566)のOPSは徐々に低下している。被本塁打4本のうち3本が最初の打席で出ている。3度目の対戦では本塁打を1本も許していない。

  投手は普通、イニングを繰り返すほど内容が悪くなる。体力が落ち、投球パターンが把握されるためだ。しかし柳賢振は逆に良くなっている。序盤に多様な球を投げ、自分のコンディションをチェックした後、投球パターンを変えるからだ。

<大リーグ>柳賢振が“怪物”である理由(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
面白い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事