「父も日本と戦闘、韓日中の歴史葛藤には失望」…米国務次官、自制要求

「父も日本と戦闘、韓日中の歴史葛藤には失望」…米国務次官、自制要求

2015年03月02日08時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ウェンディ・シャーマン米国務次官
  ウェンディ・シャーマン米国務次官が韓日中による歴史葛藤の自制を促した。

  シャーマン次官は先月27日(現地時間)、ワシントンのカーネギー国際平和研究所セミナーで「米国と日本・中国・韓国の3カ国の関係を話すには今が適時」と述べ、父親の話を紹介した。シャーマン次官は「米海兵だった父は(第2次世界大戦時だった)70年余り前、ソロモン諸島ガダルカナル島の戦いで(日本軍と)戦って負傷した。誰であろうともその時のトラウマを過小評価してはいけない」と述べ、歴史を直視するよう日本に注文した。

  しかし、歴史問題をめぐる3国間の葛藤事例に対しては「理解はできるが残念だ」と明らかにした。シャーマン次官は「民族感情は悪用されうる」とし「だが、そのような挑発は発展でなく麻ひを招く」と批判した。これをめぐり、韓国と中国が過去の問題を政治的に利用するのではないかという意味に解釈され、論争が予想されている。一部では、安倍晋三首相の米国訪問を控えて韓中による過去の問題提起を事前に防ぐための伏線ではないのかという指摘も提起されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事