中国産キムチからべん虫卵発見

中国産キムチからべん虫卵発見

2005年11月01日15時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  食品医薬品安全庁(食薬庁)は31日、中国産キムチへの追加検査を行ったところ、1の製品からべん虫卵が検出された、と伝えた。

  中国産キムチからべん虫卵が検出されたのは初めて。食薬庁関係者は「H社が輸入した製品から、べん虫卵が見つかり、回虫卵も5の製品から追加で検出された」と話した。べん虫卵が発見されたキムチは、通関後に流通を中断させた製品で、先月21日に回虫卵が検出されたキムチを生産した会社の製品。

  疾病管理本部ホ・ヨンジュ疫学調査課長は「べん虫卵が体内に入り、無事成虫に成長した場合、盲腸に寄生し、貧血・ゲリ・腹痛・虫垂炎などを起こしうる」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事