米議会調査局「韓国のFTA履行程度、TPP加入に影響」

米議会調査局「韓国のFTA履行程度、TPP加入に影響」

2015年10月19日15時47分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米議会調査局(CRS)は韓国の韓米自由貿易協定(FTA)の履行程度が環太平洋経済連携協定(TPP)加入に影響を及ぼしうると指摘した。

  CRSは18日(現地時間)に公開した「韓米関係」の最新報告書で「オバマ政府は韓国がTPP加入に関心を示していることを歓迎する立場」としながら「しかし、オバマ大統領を含む幹部らは韓米FTAに関連したイシューを解決しようとする韓国の意志と能力が潜在的なTPP加入に影響を及ぼすおそれがあるとみている」と明らかにした。

  また、CRSは幹部の言葉を引用して「FTA履行に関連して一部の分野では進展がある」とし「東アジア3大経済国の韓国がTPPに加入すればその規模と戦略的重要性が拡大するだろう」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事