【社説】国民の怒りに火をつけた朴大統領の新年懇談会

【社説】国民の怒りに火をつけた朴大統領の新年懇談会

2017年01月02日09時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朴槿恵(パク・クネ)大統領の1日の青瓦台(チョンワデ、大統領府)出入り記者団との懇談会は依然として民心とかけ離れている大統領の現実認識を表した。任期を最後まで満たしたいという意地を見せた。弾劾案の可決後に落ち着いていく雰囲気だった国民の怒りに新年早々から油を注ぐものだった。

  弾劾案の可決で職務が停止した大統領がわずか23日後に公開日程を持った点から不適切だった。さらに懸念されるのは朴大統領が懇談会で見せた状況認識だ。誠意のある反省どころか、すべての疑惑に弁解、または知らないふりで一貫した。私人の崔順実(チェ・スンシル)と一体となって国政を壟断した疑惑について「崔と共謀したり黙過したりしたことは少しもない」と否認した。サムスン合併支援疑惑については「完全に作り上げたものだ」とし、特検を露骨に非難した。当時の文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官と安鍾範(アン・ジョンボム)青瓦台経済首席秘書官が「青瓦台の指示でしたこと」と証言したにもかかわらず無条件に違うとしらを切ったのだ。文化芸術界ブラックリストにも「知らない」とし、チャ・ウンテク氏の人事介入疑惑には「誰と親しいので誰を許さなければいけないと言ったことはない」と否認した。しかしこれを後押しする具体的な証拠や状況は提示しなかった。

  朴大統領は自分の国政壟断疑惑を明らかにするための検察・特検・国会・憲法裁判所の出席要求に一度も応じなかった。にもかかわらず突然、「2禁(撮影・ノートブック禁止)」を条件に記者懇談会を自ら要望した。不利な報道は防ぎ、言いたい言葉だけを広め、支持層を結集させようという意図がにじみ出ている。さらに特検と憲法裁判所に圧力を加え、弾劾を棄却させ、任期を満たすという内心が見えるといえば誇張だろうか。

  朴大統領は26年ぶりの保守与党分裂について「話すのは適切でないようだ」と述べた。自分のことで保守が墜落したことに対して責任論を避けようと言葉を切るようだ。セウォル号の7時間、「官邸に外部の人が入ってきた」という疑惑に対しても「記憶を整理してみると」という表現を使って否認した。自分の釈明を覆す証言が出てくる可能性に備えて抜け穴を作った感じだ。このような形の釈明に誠意をあると信じる国民はどれほどいるだろうか。

  朴大統領の認識がこのような水準であるため、セヌリ党の親朴指導部が民心を気にせず持ちこたえようと一貫するのも当然と思われる。鄭宇沢(チョン・ウテク)院内代表は1日、人的清算範囲について「メディアで報道されているように拡大した水準ではない」と述べた。続いて「本人も責任がないとは言えず、社会奉仕を10時間する」と話した。大統領の国政壟断を黙認・ほう助した責任が大きい与党の指導者が「奉仕10時間」で済ませようというからあきれる。人的清算の「範囲」がこのようであれば、「リセットコリア」の主導権は野党に移るしかない。

  いま朴大統領がするべきことは記者のペンとカメラを奪って自分の弁護のための懇談会を開くのではなく、一日も早くセヌリ党を離れて党と国会が改革される条件を作ることだ。そうしてこそ国政壟断の汚点を少しでも拭って国民に許しを請う余地が生じるだろう。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事