100円=995ウォン…5年9カ月ぶりのウォン高水準

100円=995ウォン…5年9カ月ぶりのウォン高水準

2014年06月06日09時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  円安とウォン高の勢いが重なって「100円あたり1000ウォン」ラインが再び崩れた。

  5日、外換銀行はウォン-円為替レート(午後3時基準)を100円あたり995.12ウォンと告示した。この日記録した日本円に対する韓国ウォンの為替レートは2008年9月8日(100円あたり994.85ウォン)以後、最高値だ。

  ウォン-円為替レートが3桁台になったのは年初(997.44ウォン)と先月13日(999・41ウォン)に続き今年に入って3回目だ。

  韓国ウォンと日本円は市場では直接取り引きされず、ドル貨幣対比の騰落を比較した財政為替レートが使われる。最近、日本円がドルに対して劣勢を見せる中で、ウォンは強勢の流れが続きながら日本円対比の韓国ウォンの価値が相対的に大幅に上がった。

  この日、ソウル外国為替市場でドル貨幣に対する韓国ウォン価値は前取引日よりも1ドルあたり2.6ウォン上がった1020.5ウォンで取引を終えた。外国為替当局が「防御線」とみなしている1020ウォン水準にぴったりと近寄ったものだ。サムスン先物のチョン・スンジ研究員は「連休を控えて輸出業者がドルの売り物を出しながら場の終盤にウォン価格が早く上がった」としながら「ウォン高の勢いの圧力が持続する見通しだと、3桁台のウォン-円為替レートも当分続く可能性がある」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事