北朝鮮製ジーンズ、アウトレットへ…スウェーデンのデパートが「イメージ低下」懸念

北朝鮮製ジーンズ、アウトレットへ…スウェーデンのデパートが「イメージ低下」懸念

2009年12月19日12時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   スウェーデンの高級デパートが、販売を取りやめた北朝鮮製ジーンズを現地のアウトレットで販売すると、AP通信が18日報じた。 AP通信によると、現地関係者は「北朝鮮製ジーンズがストックホルムのアウトレットで来年2月初めまで販売される」と伝えた。

  このジーンズは今月初めストックホルムの高級デパート「PUB」で販売される予定だった。 しかしデパート側が販売直前に計画をキャンセルした。 「政治的論争に巻き込まれる可能性があり、劣悪な労働環境で作られたジーンズを販売するのはデパートのイメージを失墜させる」というのが理由だった。

  北朝鮮製ジーンズという広告で現地で関心を集めたこの製品は、デパートで1着1500スウェーデンクローネ(約2万円)で販売される予定だった。 アウトレット価格はまだ伝えられていない。

  製品名の「Nokoジーンズ」は、北朝鮮(North Korea)とジーンズ(Jeans)から付けられた。 委託加工方式で1000着が製造され、先月、スウェーデンの税関を通過した。 この製品は「青は米国を連想させる」という理由のため黒色で製造された。

  現地消費者は「この製品の販売が北朝鮮と西側諸国の貿易を拡大させ、北朝鮮が孤立から抜け出すうえで役立つだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事