東京五輪テスト大会でイルカショー…国際セーリング連盟「容認できない」

東京五輪テスト大会でイルカショー…国際セーリング連盟「容認できない」

2018年09月14日14時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  東京オリンピック(五輪の)の最初のテスト大会として開催されたセーリング大会の開会式でイルカショーが披露されたことに対し、国際セーリング連盟が遺憾の意を伝えた。

  9日、セーリング「ワールドカップ江の島大会」の開会式に選手や関係者など約500人が出席した中、イルカショーが行われた。これを見た海外選手の一部はツイッターで「ショックを受けた」などと書き込んだ。

  国際セーリング連盟は10日、日本の連盟にメールを送り、「開会式の内容について事前の説明がなく、海洋生物の保護の観点からも遺憾に思う」とし「開会式でイルカショーが行われたことに失望している。このようなショーが行われることは容認できない」と非難した。

  これに対し日本の連盟は「イルカの扱いについては個人や国によって考え方が違い、イルカショーを披露したことは慎重さを欠いていたと思う。不快な思いをされた方にはおわびする」と陳謝した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事