イーベイ、Gマーケット買収を確定

イーベイ、Gマーケット買収を確定

2009年04月16日16時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界最大電子商取引企業「イーベイ」(eBay)が国内1位のオープンマーケット「Gマーケット」を買収する。 業界によると、イーベイは15日晩、米国で行われた取締役会で、Gマーケットの買収を議決した後、直ちに国内のあるホテルでインターパークとGマーケット買収契約を結んだ。

  イーベイが01年に買収したオークションとGマーケットの取引総額は約7兆ウォン(約5500億円)で、オープンマーケット市場の90%、電子商取引市場の40%を占める。 今回の取引対象にはインターパークが保有するGマーケット株29.01%と李奇衡(イ・キヒョン)インターパーク会長の保有株5.20%など計34.21%が含まれた。 1株当たり24ドルで、総額4億1300万ドル(約5500億ウォン)となる。これは国内インターネット企業の海外売却では過去最大規模。

  ◇「アジア太平洋」攻略=2000年代初め、中国と日本に進出して苦戦したイーベイは、Gマーケットとオークションのモデルを前面に出しながらアジア太平洋市場に進出する計画だ。 またGマーケットとオークションはイーベイの海外輸出支援システムを通じて、国内の中小販売会社が別途のハブページを構築して海外販売をできるよう支援する計画だ。

  Gマーケットとオークションは別のサイトで運営される予定で、両社はITおよび家電の比重が大きいオークションと、ファッション部門が中心のGマーケットがそれぞれの長所を特化しながら合併の機会を模索すると予想される。 しかし国内オープンマーケットが事実上独占化され、これによる弊害を懸念する声も出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事