日本の「軍艦島」訪れ、追悼の花植えた韓国の女子大生

日本の「軍艦島」訪れ、追悼の花植えた韓国の女子大生

2016年03月14日10時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
端島の船着き場近くに植えた花の上に日帝の蛮行を告発する案内文がかかっている。
  韓国の女子大生が日本西南部の端島(軍艦島)を訪れて、そこが朝鮮人と中国人の強制労働の現場だったことを知らせて犠牲者を追悼する花を植えた。

  ソウル女子大学園芸生命学科2年のキム・ユンギョンさん(20)と同徳(トンドク)女子大学経済学科4年のキム・ヨンジェさん(24)は3日、端島に向かった。放置された土地に奇襲的に花と木を植える「ゲリラ・ガーデニング」で日帝の蛮行を告発するためだった。ゲリラ・ガーデニングは1973年米国ニューヨークで野放しにされた私有地を庭園として整備した市民運動に由来する。

  端島は昨年ユネスコが「明治の産業革命遺産」として登録した場所だ。日帝時代に数万人の朝鮮人と中国人が強制労働させられた場所だが、日本政府はこうした事実を軽視している。

  彼女たちは3日間港にとどまり、夜ごと船着き場の入口や道路の周辺などに花を植えた。韓国から花を持って行くことができず現地で購入した花を使った。花を植えた場所には「2つの島の話」という題名の韓国文・英文・日本文の案内文をつけた。端島が産業革命の遺産でありながらも強制労働が行われた地獄の島だったという意味で「2つの島」と示した。

  2人は昨年2学期に「女性CEO養成教育」という連合授業で会って今回のことを構想した。ユンギョンさんは「創業関連の授業だったので専攻も生かして『価値を稼いでみよう』という考えで端島プロジェクトを計画した」と紹介した。彼は「私の背丈ほどあるスコップをもって花を植えに出かけたが、パトカーを見ると訳もなく怖くもなった」と伝えた。彼女たちはフェイスブックなどにこのことを紹介する「2つの島の話」という映像をアップした。ユンギョンさんは「端島の歴史についての関心を育てるのに小さな助けになるように願う」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事