国立顕忠院に植えられた日本原産の木、すべて植え替えへ=韓国

国立顕忠院に植えられた日本原産の木、すべて植え替えへ=韓国

2014年05月11日11時35分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国立顕忠院に大量に植えられている日本原産のカイヅカイブキ。国会は市民団体の請願を採択し、韓国固有の木に交替することにした。
  国立顕忠院に植えられている日本原産の樹木が韓国伝統の樹木に植え替えられる。独立活動家と殉国烈士が埋葬されている顕忠院に日本の木が多く植えられているのは顕忠院建立の趣旨と合わないという指摘を受けたもの。国会は2日に本会議を開き、日本固有の木を交替してほしいという市民団体の請願を採択した。出席214人のうち賛成186人、反対3人、棄権25人だった。

  国家的記念施設であるソウルと大田(テジョン)の国立顕忠院には、カイヅカイブキ、ノムラモミジ、サワラ、ホオノキなど15種1万8600本余りが植えられている。全体13万2000株の約14%だ。

  文化財返還運動を行っている市民団体は顕忠院の樹木を韓国のものに交替し、国のアイデンティティに対する認識を新たにしようという内容の請願を野党新政治民主連合の金敏基(キム・ミンギ)議員の紹介で昨年6月5日に国会に提出した。請願審査過程で国防部の白承周(ペク・スンジュ)次官は、「カイヅカイブキは樹齢40~50年になり、植生地域が狭いなど植える条件が不良で改善が必要な部分がある」と話した。樹木交替作業は費用が予算に反映される来年から段階的に行われる。

  市民団体の代表を務める慧門(へムン)僧侶は「臨時政府要人をはじめ独立運動のために殉国した義士たちを祀る顕忠院に日本産の樹木を大量に植栽したのは恥ずかしいこと」と指摘した。その上で、「請願通過を契機に国立顕忠院の日本産樹木が除去される契機が設けられたという点から、“日帝残滓清算”を成し遂げる歴史的進展だと考える」と歓迎の意向を明らかにした。

  市民団体は、2012年から韓国の植物主権を守る運動を展開してきた別の市民団体とともに史跡や公共機関に植えられた外来種の樹木の移転を推進してきた。

  世界的にも国家的記念施設にはその国を象徴する樹木を植え国家的アイデンティティを示すのが普遍的だ。韓国の「史跡総合整備計画の樹立と施行に関する指針」にも史跡整備時に外来種はできるだけ除去し伝統樹木で整備するよう規定している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事