「エコ技術は日本が最高」 現代車が異例にも…

「エコ技術は日本が最高」 現代車が異例にも…

2012年05月16日08時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の現代(ヒョンデ)自動車が日本のエコカー技術を持つ人材を誘致する。来月15日に東京で、留学生対象採用行事「第1回現代グローバルトップ タレント・イン・ジャパン」を開催する。大企業が米国人留学生を対象に現地人材誘致行事を開くことは多いが、日本での行事は異例。

  孔泳云(コン・ヨンウン)現代車常務は「日本はハイブリッド車大量生産分野で世界最高。このため日本の技術を習得した留学生人材を採用する考え」と説明した。また「エコ分野の人材をうまく採用するのが現代車の未来競争力を左右する」と語った。

  選抜は徹底的に実力中心となる。対象は理工系の修士・博士または経歴社員。まず「エコカーおよび未来自動車核心技術」に関する発表があり、ここで高い点数を受けた人の中から役員面接で最終合格者を決める。21日まで現代車採用ホームページ(recruit.hyundai.com)で願書を受け付ける。

  また現代車はこの日、欧州最大の水素ステーション運営会社であるノルウェーのHYOPと水素燃料電池車普及のための了解覚書(MOU)を締結した。現代車がノルウェーの公共機関や企業・タクシー会社に水素自動車を普及できるようHYOPが支援し、現代車と水素ステーションの新設について協議するという内容だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事