北「日本の制裁、米国の機嫌を取る政治的醜態」

北「日本の制裁、米国の機嫌を取る政治的醜態」

2006年09月24日14時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の朝鮮中央(チョソンジュンアン)通信は23日、同国に対する日本の金融制裁発動について「主人(米国)の機嫌を取ろうとする政治的醜態」と厳しく非難した。

  同通信は、論評を通じて「日本が今月19日の閣議で、北朝鮮への金融制裁発動を承認した」とし「制裁は米国の対北朝鮮敵視政策に追従し、主人の機嫌を取ろうとする政治的醜態と考えざるを得ない」と指摘。また「朝・日平壌(ピョンヤン)宣言の精神と原則に乱暴に違反した行為」と指摘したうえで「朝・日関係をさらに対決局面へと導く無謀かつ挑発的な行為」と非難した。

  続いて「日本は米国の一部分になっているので制裁騒動に驚かないし、別に見る必要もない」とし「日本の挑発的かつ汚らしい醜態を傍観せず、引き続き必要な措置を強化していく考えだ」と警告した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事