俳優パク・ヘジン、『チーズ・イン・ザ・トラップ』日本プロモが成功裏に終了

俳優パク・ヘジン、『チーズ・イン・ザ・トラップ』日本プロモが成功裏に終了

2018年06月11日14時24分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のパク・ヘジン
  韓国俳優のパク・ヘジンが映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の日本公開を控えてプロモーションのために東京を訪れた。

  パク・ヘジンは6日、東京めぐろパーシモンホールで開かれた映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の舞台挨拶およびメディアインタビューに参加した。

  観客の熱烈な歓呼とメディアの熱を帯びた取材競争の中、明るい笑顔を振りまきながらステージに登場したパク・ヘジンは、久しぶりの訪日にもかかわらず、熱い歓迎で迎えたファンとメディアに「このように多くの方々が来てくれるとは思わなかったが、本当に感謝したい」と挨拶した。

  この日パク・ヘジンは、自ら準備して持参してきたプレゼントを手に、映画館を回りながらプレゼントを手渡すサプライズファンサービスで観客を感動させた。続く報道機関とのインタビューでは「『チーズ・イン・ザ・トラップ』のユ・ジョンはパク・ヘジンにとってどのような意味があったのか」「ユ・ジョンを演じるために努力した点は」など、作品に対する多くの質問がパク・ヘジンに向けられた。

  パク・ヘジンは「ユ・ジョンを理解するためにかなり以前から努力して準備してきた。その過程でユ・ジョンを理解しようとする『努力』よりも彼が何を考えるているか、生きてきた成長背景やユ・ジョンがホン・ソル(オ・ヨンソ扮)に向ける視線に集中すると、ユ・ジョンという人物が見えてくるようになった」とし「もしも私の後続でユ・ジョンを演じることになったらこのような部分に注力して私よりももっとユ・ジョンに迫る演技を見せてほしい」とキャラクターに対する大きな愛情を伝えた。

  映画の中で最も記憶に残る場面についてはキスシーンと屋台シーンを挙げた。パク・ヘジンは「美しいキスシーンと、ユ・ジョンとホン・ソル、ペク・イノが酒を飲み交わしているシーンが一番好きだ。キスシーンは頭の中に描いたように美しく撮ることができたし、3人の関係をよく表している野外屋台シーンは何度見ても面白い」とし、自ら『チーズ・イン・ザ・トラップ』のファンであることを知らせた。

  『チーズ・イン・ザ・トラップ』は3月の韓国公開に続き、日本では7月14日の公開を確定している。配給会社クロックワークス社とデジタルアドベンチャーが日本配給を担当する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事