障害者の親が土下座する姿はなくなる?…韓国で特殊学校22カ所新設へ

障害者の親が土下座する姿はなくなる?…韓国で特殊学校22カ所新設へ

2017年12月05日13時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
昨年、ソウル江西区タプシン小学校で開かれた「江西地域公立特殊学校新設2次住民討論会」で、障害者の母がひざまずいて特殊学校の設立を訴えている。
  韓国で障害者が小・中・高校教育をまともに受けることができる特殊学校は現在174カ所だ。過去5年間に新設された特殊学校は18カ所にすぎない。17の市・道あたり平均1カ所となる。特殊学校の新設は容易でない。地域住民の反発が激しく、空間の確保も難しい。

  政府は4日、第5次「特殊教育発展5カ年(2018-2022年)計画」を発表した。法に基づき5年ごとに出す計画だ。金相坤(キム・サンゴン)社会副首相兼教育部長官はこの日、この計画を発表し、「2022年までの5年間に特殊学校22カ所を新設する」と明らかにした。昨年、ソウル江西区(カンソグ)でも特殊学校の新設に住民が激しく反対すると、障害者の母がひざまずいて「学校を新設できるようにしてほしい」と訴える姿が見られた。特殊学校の問題が国民的な関心事に浮上するきっかけになった。

  金副首相は「特殊教育対象者は2013年の8万6633人から今年は8万9353人に増えた。特殊学校の拡充が急がれるが、地域住民の反対のため容易でない」と国民の協力を呼びかけた。

  この日、政府はソウル・京畿道・忠南が各3カ所、慶南4カ所、仁川・江原道・大邱が各2カ所、光州・大田・忠北が各1カ所の特殊学校を新設すると明らかにした。過去5年間に比べて特殊学校新設目標を4カ所増やした。一般学校の特殊学級も1250個増やす。乳児段階の特殊教育ができる統合幼稚園も市・道別に1カ所以上設立する。一般学級と特殊学級のすべての日課を完全に統合して運営する幼稚園だ。幼稚園教師と乳児特殊教師が共同担任として協力授業を進める。一般学級と特殊学級を1対1の割合で運営する。

  特殊教師も来年1173人増やす。特殊教育対象者4人あたり教師1人を義務的に配置しなければならない。しかし今年の特殊教師は法定定員の67.2%にすぎない。教育部は2022年までに特殊教師配置率を90%以上に高めることにした。

  しかし依然として政府の計画にすぎない。特殊学校の新設は住民の反対のため遅々として進んでこなかった。ソウルでは2002年(鍾路区の慶雲学校)以降15年間、1カ所も新設されていない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事