【コラム】空母とミサイルの間、韓国はない(1)

【コラム】空母とミサイルの間、韓国はない(1)

2017年04月18日09時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1876年正月、倭の艦隊が江華島(カンファド)に押し寄せた。朝鮮の朝廷はそれが何かわからなかった。「黒い煙を吐いて汽船が一列縦隊で上がっていきました。雁のように速く、まもなく視野から消えました」。哨兵の報告を受けて朝廷は慌てふためいた。韓半島(朝鮮半島)の運命はこうして始まり、いままでもそうだった。

  サクラの花が咲く季節に人間が作ったあらゆる光り物が韓半島に集結した。第3艦隊の主力である原子力空母カール・ビンソンはトランプ米大統領の最後通告を待ちながら南シナ海に停泊し、グアムと沖縄の空軍基地には戦闘機と戦闘爆撃機が発進命令を待っている。先週末には無敵空母ニミッツが追加投入された。日本は調子が出てきた。北朝鮮の核の恐怖をこの機にぬぐおうとするように先端火力を韓半島に合わせた。

  習近平中国国家主席は空母遼寧に警戒態勢を発令し、西海上に潜水艦20隻余りを展開させた。ロシアが黙っているだろうか。プーチン大統領は東海(日本名・日本海)を巡航する海軍偵察船の監視領域を太平洋に拡張した。春風に解氷したウラジオストク港のいざよう波に乗り戦艦が同時に揺れる。4大軍事大国の火点が狙ったのは韓半島の心臓部、北朝鮮は太陽節のパレードを見せつけるように終わらせた夕方にミサイル1発を打ち上げた。災害を自ら招くそいつが不発でようやく一息ついた。わざとそうしたのか、本当に不発だったか迷ったトランプは攻撃ボタンを押すかを苦悩中のところに肝心の韓国はない。これが問題だ。

  押せば戦争、押さなくても武装対立状態を抜け出す道はない。それが韓国の運命だ。江華島修好条約から141年間、韓国人は超緊張状態で暮らしてきた。大陸ののど、韓半島をだれが先取りするのかにより強大国間の勢力図が変わった。さらに絡まり複雑になった武力衝突方程式の中で平和を探し求めた歳月だった。平和の輪を逃せばそのまま戦争だが、韓国は一度殺傷戦を行った。ところが戦争後に武装平和の原則を破ったのは韓半島内部、北朝鮮だった。核を搭載する大陸間弾道ミサイルを撃つ平壌(ピョンヤン)の武力示威を抑制する解決法はいまや完全に枯渇した。米国の忍耐心も底をついた。アンタッチャブルギャング団の北朝鮮を焦土化しようとする最後通告が南シナ海に待機した理由だ。

  結局戦争なのか? 不安な質問が相次ぐ。核爆弾の威力に次ぐ「すべての爆弾の母」(MOAB)が韓半島に投下されるだろうか? その前に平壌がそっとと尻ごみするだろうか? 中国は平壌を制止する意志、いや能力はあるのか? 米中が正面衝突するならロシアと日本もそうだろうか? 米国の空母を鼻で笑う北朝鮮のミサイルと北朝鮮の核基地を狙った米国の空母の間で韓国人はおちおち寝ていられない。戦争が勃発すればすべてが終わりなのに、肝心の韓国人が、韓国政府が割り込む余地を失った。

【コラム】空母とミサイルの間、韓国はない(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事