【海軍哨戒艦沈没】艦尾の上部構造物まで破壊…強力な外部衝撃の反証

【海軍哨戒艦沈没】艦尾の上部構造物まで破壊…強力な外部衝撃の反証

2010年04月13日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
   17日ぶりに姿を現した海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」の艦尾は予想以上に損傷がひどかった。12日に民間引き揚げ会社の海上クレーンで引き揚げられた「天安」の艦尾は甲板の上部だけが見えた。甲板の上部構造物のうち煙突とハープーン艦対艦ミサイル2基、魚雷3発がなくなっている。甲板上に固定された追跡レーダーの一部も落ちている。

  艦尾の上部構造の一部が流失したことで、「天安」が疲労破壊や暗礁衝突によって沈没した可能性はほとんどなくなった。疲労破壊の場合、鉄板の疲労度が累積した部位だけが切断される。「天安」が暗礁と衝突したとすれば、艦体の下の部分が集中的に破損する。艦艇の上部構造物や搭載された装備・武器までは影響を与えないということだ。

  しかし比較的強く固定された76ミリおよび40ミリの艦砲は損傷がなかった。艦尾を移動する過程で40ミリの艦砲ははっきりと見え、76ミリ艦砲はしばらく姿を現し、本来の位置にあることが確認された。これは76ミリおよび40ミリの艦砲の下に保管されている艦砲弾が爆発しなかったことを意味する。内部爆発ではないということだ。艦砲弾が爆発すれば甲板が破壊され、甲板上の艦砲までも落ちる。このため「天安」の沈没原因は外部爆発にほぼ固まった。

  艦尾から消えた構造物のうち最も目を引いたのは煙突部分だった。煙突は「天安」のディーゼルエンジンまたはガスタービンを作動する際に出てくるガスを排出する装置。この煙突は衝撃当時、相当な損傷を受けたと予想される。「天安」が沈没した後、軍当局は行方不明者に酸素を供給するために、煙突の後ろの亀裂部分から空気を注入したと明らかにしている。しかし水面まで引き揚げた時にはその姿が見えなかった。衝撃初期に損傷した煙突部分が、沈没した後、潮流などによって完全に離れ落ちたと推定される。

  軍当局は煙突の破壊の程度からみて、外部衝撃が煙突の下にあるガスタービン室に加わったと考えている。外部衝撃がガスタービン室の底に加わりながら艦体を切断し、隣接する煙突にまで影響を与えたという推定だ。この衝撃は「天安」の下の水中で発生したと解釈される。

  「天安」のハープーンミサイル4基のうち2基がなくなっている点も注目される。ハープーンミサイルは煙突と追跡レーダーの間に2基、追跡レーダーと40ミリ艦砲の間に2基が装着されていた。このうち煙突側の2基がなくなっている。

  軍当局はハープーンミサイル2基とともに海中に落ちた魚雷3発の回収に入っている。海軍の関係者は「ハープーンミサイルや魚雷は電気激発によって雷管が作動しなければ爆発しない」と説明した。

  



【ホットクリック】

・【社説】尋常でない北朝鮮の動き…徹底的に備えるべき
・ 北朝鮮「金剛山の不動産凍結、明日執行」
・ 「ポーランド現代史で最も悲劇的な事件」… 全世界哀悼声明
・ 失敗が機会になった宇宙産業…日本「ドッキング技術は世界最高」
・ 日本総領事館「独島は韓国の領土」広告に撤去を要求/米ロサンゼルス
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事