【グローバルアイ】英国に広がった北朝鮮の非核化をめぐる悲観論

【グローバルアイ】英国に広がった北朝鮮の非核化をめぐる悲観論

2018年09月14日13時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「ファンタジー」

  12日(現地時間)、英国会議事堂で開かれた夕食会に保守党のマーク・フランソワ議員は北朝鮮の非核化に関してこのように表現した。彼は「北朝鮮が核兵器を隠して非核化したと主張することをドナルド・トランプ米大統領が容認する可能性がある」として「自身のアジェンダが失敗したことを認めないだろうから」と主張した。また、「韓国政府が非核化を認めて中国も問題にしない状況が数年間続けば、誰がこのファンタジーを破るだろうか」と反問した。

  この席は英シンクタンク、ヘンリー・ジャクソン・ソサエティとキングス・カレッジ・ロンドンなどの研究者が北朝鮮の非核化展望を発表した後、ジュリアン・ルイス下院防衛委員会委員長が設けた。英国議員や学者、メディア関係者などが参加したが、非核化をめぐる悲観論があふれた。現地の要人は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の真正性に対する疑問とトランプ大統領の衝動的な気質、中国の不透明な立場など韓半島(朝鮮半島)の非核化を阻止する障害物に主に注目した。

  すでに英国下院防衛委員会は4月、金正恩氏が無慈悲だが理性的で核兵器を高度化している中で、非核化の道を歩むことはないだろうという内容の報告書を発表した。フランソワ議員は報告書の作成に参加した後、インタビューで「韓半島で軍事衝突が発生すれば、先に英国人の脱出を助けるために海兵隊を提供するだろう」としながら「米国が韓国の保護に出れば、英国も関与するほかはない」と話した。

  英国だけでなく、米上院でも米朝非核化交渉に対する悲観論は拡大している。北朝鮮が非核化しない場合、外交的手段の動力は落ち、むしろ北朝鮮への圧力をかけ続けるための環境が悪化するばかりという懸念の声が聞こえている。朴銀夏(パク・ウンハ)駐英韓国大使など韓国側参加者が非核化対話と南北関係の改善というツートラックに注力する韓国政府の立場を説明したが、現地要人の質問が終わらないことと同じ流れだ。

  だが、今回の非核化対話の契機は欧米が作ったものではない。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を契機に、韓国政府が主導的に作り出した結果だ。トランプ大統領が駐韓米軍家族の疎開令をツイッターを通じて下そうとしたといわれ、英国も自国民の救出計画を立てている。彼らとは違い、韓国は北朝鮮の長射程砲攻撃だけでも首都圏の数多くの人命が被害を受けるとみられる。そのため、今後の非核化動力も韓国が作る可能性が大きい。ルイス委員長は夕方会を終えて「交渉は十分に試みる価値がある」と話した。様子を見守っている世界に向かって第3回南北首脳会談でも韓国政府が着実に進展策を導き出すことが緊要だ。

  キム・ソンタク/ロンドン特派員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事