韓国、アラブ首長国連邦で132兆ウォンの原油確保

韓国、アラブ首長国連邦で132兆ウォンの原油確保

2011年03月14日08時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国が13日、アラブ首長国連邦のアブダビ首長国と過去最大規模の油田開発参加契約(覚書含む)を締結した。最小12億バレル(アブダビ埋蔵量980億バレル)の原油を確保したと政府側は明らかにした。現在の原油価格100ドルと為替相場1ドル=1100ウォンを適用すると132兆ウォン(約9兆5610億円)規模で、韓国の1年5カ月分の消費量に相当する。政府がこれまで1カ所で確保した最大原油量はベトナム15-1鉱区の1億バレルだ。

  アラブ首長国連邦を訪問中の李明博(イ・ミョンバク)大統領と同国のカリファ・ビン・ザイド・アル・ナヒヤン大統領はこの日午後、大統領宮で首脳会談をした後、韓国石油公社とアブダビ石油公社間の石油ガス分野協力開発覚書と3カ所の油田に対する主要条件契約書(HOT:Heads Of Terms)’署名式に臨んだ。ムハンマド王子も同席した。石油ガス覚書は、「10億バレル以上の大型油田1カ所または複数に韓国が参加できる権利を保障する」ということを骨子としている。

  李大統領は首脳会談後の会談結果発表で、「2012年中に本契約を締結する予定だ。いまや韓国は米国・英国・フランス・日本のごく少数の石油メジャー企業だけが参加してきた“夢の地域”に進出することになった」と話した。「韓国は1970年代以後どこの国も参入できなかったアブダビ油田の扉を30~40年ぶりに開いた」ともした。合わせて「両国政府はアブダビの原油600万バレルを韓国の備蓄施設に保存し、必要時には韓国が優先的に使用する権限を持つことでも署名した。これで韓国は原油備蓄予算7000億ウォンを節約できることになった」と述べた。

【ホットクリック】

・<東日本大地震>「日本はある」…惨事でも配慮忘れぬ文化に世界が驚いた
・<東日本大地震>韓米中ロの救助隊員、次々と日本に到着
・サユリ「日本の地震、韓国が一番最初に助けてくれた」
・<東日本大地震>「日本人が車で空港まで送ってくれた」
・韓国、アラブ首長国連邦で132兆ウォンの原油確保
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事