中国で組立のサムスンSDIバッテリー分離膜に欠陥か(1)

中国で組立のサムスンSDIバッテリー分離膜に欠陥か(1)

2016年09月02日08時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
あるオンラインコミュニティーに載せられた焼けた「ギャラクシーノート7」の写真。
  サムスン電子のギャラクシーノート7のバッテリーが爆発したという主張はこれまで6件ある。特に先月31日(現地時間)に米国の消費者がユーチューブに「ノート7が火事になった」と題した動画を載せ、海外事例が追加された。このネットユーザーは「正規商品の充電器を使ったが、バッテリーが爆発した」と主張した。

  6件の写真と動画では、すべて製品の左側面、リチウムイオンバッテリー搭載部位がひどく焼けている。専門家らが爆発の原因としてバッテリーに注目する理由だ。問題のバッテリーはサムスンのバッテリー製造系列会社サムスンSDIの製品で、中国協力会社の組み立てを経て最終納品された。リチウムイオンバッテリーは大きくバッテリー本体の「バッテリーセル」とその包装材「バッテリーパック」に分けることができる。

  二次電池業界の関係者は「サムスンSDIがセルを作り、これを中国に送り、パックに入れて組み立てた後、また持ってくる」と説明した。

  業界はバッテリーのどのような欠陥が爆発につながったのかという点にも注目している。比較的改善が容易な問題なら、該当問題を解決するだけで事態を収拾できる。専門家らはリチウムイオンバッテリーの爆発が主にバッテリーセルの核心部品である分離膜(セパレーター)の問題で発生すると説明した。分離膜はバッテリーの陽極と陰極を分ける役割をする。分離膜の微細な穴を通じてリチウムイオンが陽・陰極を行き来する過程でエネルギーが発生する。問題は分離膜が不良や異質物で破れる場合だ。陽極と陰極の成分が接すれば爆発が発生する。

  バッテリーパックでも欠陥が発生する可能性がある。バッテリーパックには、電流が大量に流れる場合これを遮断するバッテリーマネージシステム(BMS)が装着されている。BMSが故障すれば過電流を遮断できず、バッテリーが爆発することもあるという。イ・サンヨン蔚山科学技術院(UNIST)エネルギー化学工学部教授は「爆発が激しくバッテリーがかなり毀損すれば、どの部分の欠陥が原因になったのか分かりにくいのが問題」とし「一つの工場の特定生産単位で大量に発生した問題でなければ原因の究明は簡単でないだろう」と話した。

  スマートフォンのバッテリーが問題になったのは今回が初めてではない。サムスン電子だけでもギャラクシーS3とギャラクシーノート1-3モデル、ギャラクシーS4で一部のバッテリーが膨らんだり過度に熱くなるという問題が提起され、無償交換を実施している。多くのスマートフォンブランドも「バッテリーが外部からの衝撃で爆発した」「バッテリーがひどく熱くなる」などの消費者の抗議を経験している。

  ソウル大材料工学部のカン・ギソク教授は「リチウムイオンバッテリー自体が完全に安定しているわけではないため、さまざまな問題がよく発生する」とし「特に最近は、より薄くて長時間持続するバッテリーを作るためにエネルギーの密度を高め、問題が頻繁に発生する」と分析した。

中国で組立のサムスンSDIバッテリー分離膜に欠陥か(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事