文大統領「裁判取り引きの疑惑、必ず糾明する」

文大統領「裁判取り引きの疑惑、必ず糾明する」

2018年09月14日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、最高裁判所で開かれた司法府70周年記念式で「過去の政府時代に司法壟断と裁判取り引きの疑惑が司法府に対する国民の信頼を根元から揺さぶっている」として「疑惑は必ず糾明されるべきで、もし誤りがあったとすれば司法府自ら正さなければならない」と述べた。文大統領が検察が捜査中であるヤン・スンテ最高裁長官時代の裁判取り引きの疑惑に言及したのは初めてだ。

  文大統領は「今、司法府は国民の信頼を取り戻すべき非常に厳重な課題を抱えている」として「司法府の構成員も惨憺たる気持ちだろうが、完全な司法独立を実現することを求める国民の命令は国民が司法府に与えた改革の機会」と明らかにした。また、文大統領は「1700万ろうそくが憲法意識を回復させ、そのように回復された憲法を通じて国民の主権を守っている」と話した。さらに、「ろうそく精神を支持するというのがどれほど重いことか実感している。われわれは必ず国民の念願と期待に応じなければならない」と話した。

  これに対して、自由韓国党のユン・ヨンソク首席報道官は「大統領が司法府内部の問題に過度に関与するのは3権分立を傷つけることであり、最高裁判所を青瓦台(チョンワデ、大統領府)の統制下に置くという意図に読まれる」として「司法府にろうそく精神への支持を求めるのも結局、特定性向の判決を強要するもの」と批判した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事