【社説】また10日韓半島危機説…強力な制裁で北朝鮮圧迫しなくては

【社説】また10日韓半島危機説…強力な制裁で北朝鮮圧迫しなくては

2017年10月09日09時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  10日の朝鮮労働党創建日を控え韓半島(朝鮮半島)危機がさらに崖っぷちに追いやられている。北朝鮮は金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)の誕生日である4月の「太陽節」と2月の「光明星節」、または10月10日の労働党創建日に合わせて挑発することが多かった。1日前の9日は米国の祝日である「コロンブスデー」だ。北朝鮮は独立記念日、コロンブスデーなどの祝日を選んで核兵器とミサイルを実験したりした。宣伝効果を最大化するためだ。

  2日から5日間にわたり北朝鮮を訪問したロシア下院議員も「北朝鮮がさらに強力な長距離ミサイル発射試験を準備中」と伝えた。さまざまな状況から北朝鮮の無謀な火遊びが再び行われる可能性がこれまでになく大きいという話だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)が10日前後を最も危険な時とみて国家安全保障会議(NSC)を非常稼動したのもこうした判断に従ったものとみられる。

  問題は北朝鮮が本当にとんでもないことをやらかせば軍事的リスクも手をつけられないほど大きくなるという点だ。米朝間の類例ない舌戦は弱まるどころかますます険悪になっている。トランプ米大統領は7日にツイッターを通じ「歴代の大統領とその政権は25年間北朝鮮と対話してきたが効果はなかった。しかしただひとつは効果があるだろう」と主張した。「ただひとつ」が何かトランプ大統領は明らかにしていないが、軍事オプションを意味するものとの見方が多い。トランプ大統領は5日に軍首脳部が同席する中で「いまは嵐の前の静けさ」と話した。米国大統領の口から北朝鮮攻撃を意味する表現が徐々に頻繁になり、その強さも強まっているのは通常ではない。

  ここに北朝鮮はためらうどころか妥協の可能性まで蹴飛ばした。駐国連北朝鮮代表は6日の国連総会で「核武力強化の道から一歩も退かないだろう」と強調した。その翌日に朝鮮労働党全員会議で核と経済並進路線を再び採択したのも核武装完成に対する意志を再確認したものだ。これに対抗し今月中旬に空母ロナルド・レーガンが韓半島近海に来て原子力潜水艦ミシガンとステルス戦略爆撃機B-2などの戦略資産も循環配備される予定だ。韓半島の緊張が高まるほかはない状況だ。

  この地で再び戦争が起きてはならない。米安保関係者が示唆した「韓国の被害がない軍事的オプション」とは実際には存在しない現実だ。米国が軍事的オプションを引っ込めるケースはただひとつだ。別の方法でも北朝鮮の核問題を解決できると信じられる時だ。いまは全世界が用意周到に対北朝鮮制裁を進めるが現実的であり唯一の解決法だ。

  米国のセカンダリーボイコットと中国の微温的な対北朝鮮制裁を信じられないという流れもある。だが経済制裁が光を見るには時間がかかるものだ。差し迫った北朝鮮は労働党全員会議で「自力更生」を改めて強調し、一部で対北朝鮮制裁が徐々に効果を上げる兆しも現れている。北朝鮮専門メディアの38ノースによると、中国が対北朝鮮原油パイプを閉じる可能性があるとのニュースが出ると平壌(ピョンヤン)のガソリン・軽油価格が3倍に高騰したという。対北朝鮮制裁が本格化すれば対ドルで北朝鮮ウォンの価値も大きく落ち、北朝鮮は再び苦難の行軍を避けることができなくなるだろう。少し前から北朝鮮が開城(ケソン)工業団地内19カ所の衣類工場をこっそりと稼働し始めたことは明白な財産権侵害だ。だが裏を返せばそれだけ北朝鮮が深刻な外貨不足に苦しめられているという意味だ。今後北朝鮮が自ら「対話しよう」として交渉の場に出てくるよう対北朝鮮制裁の強度を高めてこそ北朝鮮の核は解決の糸口をつかめるだろう。

  北朝鮮の追加挑発が差し迫り、米国は軍事オプションを引っ込めない危機局面だ。すべての可能性を開けておき備えなければならない。繰り返し強調するが最も重要なことは韓米共助を通じた北朝鮮の核抑止力強化だ。ここに「コリアパッシング」を遮断することも忘れてはならない。韓米間で心置きなく疎通しなければならず、米朝間の水面下の対話の兆しからも目を離してはならない。米朝間で「平和協定」という名の下で北朝鮮の核を黙認し大韓民国が北朝鮮の核の人質として放置される最悪のシナリオは断じて防がなければならないだろう。米国と北朝鮮の血迷った戦略にわれわれまで合理的な路線をあきらめてはならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事