東方神起3人「エイベックスが契約の変更を要求」

東方神起3人「エイベックスが契約の変更を要求」

2010年09月17日15時41分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東方神起3人
  



  東方神起3人(ユチョン、ジュンス、ジェジュン)が、エイベックス側の日本国内活動中止発表について、「エイベックスが私たちが不利な条件への契約変更を強要した。 私たちが応じなかったので、活動の中断を宣言した」と17日、明らかにした。

  3人の広報を代行するプレインは報道資料を通じて、「韓国法人C-JeSエンターテイメントの代表の過去の前科は事実。 しかし暴力団との関係で判決を受けたのは事実でない。 エイベックスはすでに事実を認知していたし、この内容は契約の解約や活動中止事由にならない」と指摘した。 続いて「エイベックスは暴力団関連の理由で再契約交渉過程でC-JeSを除いた契約を要請した。 その後3人に一方的に不利な条件を出して活動の中止を通報をした。 東方神起3人は被害者」と主張した。

  3人は「ファンに申し訳ない。 円満な合意のために誠実に対話に臨んだにもかかわらず、活動中止通報を受けることになり、残念でならない」とし「エイベックスが私たち3人をアーティストとして待遇するというよりも、自社の利益の道具として利用したという考えを拭えない。 日本のファンとの再会も約束できなくなり、何とも言えない気持ち」と心境を語った。

  東方神起3人の法律代理人である法務法人セジョンのイム・サンヒョク弁護士は「自社の思い通りにならないからといって代表的な韓流スターである東方神起3人の足を強制的に縛るというのは非道徳的だ。 東方神起3人が日本国内の活動を円滑にできるよう努力する」と明らかにした。

【ホットクリック】

・日本の所属事務所退出…東方神起3人の今後の活動は?
・キム・ジャンフン、10月独島フェスティバル開く
・「双竜車、高すぎて買収を放棄」…ルノー三星社長
・「北の結核撲滅、早く着手すれば韓国統一費用減少」
・2兆円投下…日本の市場奇襲介入の波紋
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事